MENU

2024年のアメリカのデイライト・セービング・タイム(サマータイム)開始日と終了日

  • URLをコピーしました!

今年も、ワシントン州を含むアメリカの大多数の州で、デイライト・セービング・タイム(Daylight Saving Time)が3月10日(日)から始まります

デイライト・セービング・タイムの開始・終了前後や当日には、テレビやラジオ、新聞などが必ず知らせてくれます。また、コンピュータのタイム・ゾーンの設定次第では、時間の変更が自動的に行われます。

アナログ時計をお使いの方は、前日の9日(土)の夜は寝る前に時計を1時間進めておくことを忘れないようにしてください。

もくじ

デイライト・セービング・タイムとは

デイライト・セービング・タイムは、日本では「サマータイム」として知られているものです。日本では導入されていないシステムなので、アメリカに来て初めて体験したという人も多いはず。

    • 3月第2日曜日の午前2時:時間が1時間進みます
    • 11月第1日曜日の午前2時:時間が1時間戻ります
    開始日時終了日時
    2024年3月10日(日)午前2時11月3日(日)午前2時

    英語でこれを、“Spring Forward, Fall Back”(前に跳び、後ろに倒れる = 春は針を前に進め、秋は後ろに戻す)と覚えます。

日本でなぜ「サマータイム」というのか理由はわかりませんが、UK では “British Summer Time(BST)または “Summer Time” ということから来ているのかもしれません。ちなみに、UK のサマータイムの期間は、アメリカのデイライト・セービング・タイムの期間とは異なります。

採用されている地域

アメリカ国内のほとんどの地域がデイライト・セービング・タイムを採用しています。

でも、ハワイやサモア、グアム、プエルトリコ、 バージン諸島、そしてアリゾナ州のほとんどの地域(ナバホのインディアン居住区域を除く)は採用せず、一年を通じてスタンダード・タイム(標準時)にしています。

ちなみに、カナダもアメリカと同じ期間、デイライト・セービング・タイムを採用しています。

メキシコは一年を通してスタンダード・タイムですが、アメリカとの国境に近い地域はデイライト・セービング・タイムを採用しているとのことです。

日本との時差も変更

日本の国土の約26倍の広大な国土を持つアメリカには、時差があります。下記はデイライト・セービング・タイムを採用している地域のタイムゾーンと、日本時間との時差です。

例えば、シアトル(太平洋標準時)と日本の時差は、標準時では「日本時間-17時間 = シアトル時間」ですが、デイライト・セービング・タイムの間は「日本時間 -16時間 = シアトルの時間」となります。

タイムゾーン 標準時 デイライト・セービング・タイム
アラスカ標準時-18-17
太平洋標準時-17-16
山岳地帯標準時-16-15
中部標準時-15-14
東部標準時-14-13

デイライト・セービング・タイムは賛否両論

デイライト・セービング・タイムは、日照時間が長くなる時期に時間をずらすことで自然光の使用率を高め、電力を節約するという理由で、1918年に制定されました。その後、1966年に制定された統一時間法(Uniform Time Act)により、3月の第2日曜日午前2時から、11月の第1日曜日午前2時までデイライト・セービング・タイムとなります。

でも、アメリカでは長らく、時刻変更の終了について議論が行われてきたのは事実です。最近も、一年を通じてデイライト・セービング・タイムを使用することを主張する動きによって、2022年に連邦議会の上院で日照保護法(Sunshine Protection Act)が可決されましたが、連邦下院では審議されず、2023年1月の会期終了とともに廃案となりました。

年間を通じて標準時にする場合は州議会が決定できますが、年間を通じてデイライト・セービング・タイムにするには米国議会の承認が必要なのです。

そのため、ワシントン州議会は2019年に「年間を通じてデイライト・セービング・タイムを採用する法案」を可決し、インスリー知事が署名しましたが、米国議会の承認は得られていません。

アメリカ睡眠学会は標準時を指示

睡眠の専門家で構成されるアメリカ睡眠学会(AASM)は、一年を通じてスタンダート・タイム(標準時)を使用することを求めています

「一年を通じて時間のシステムが固定されていることは、睡眠の健康を優先し、私たちの日常のスケジュールを私たちの体の自然なリズムと一致させるのに役立ちますが、その時間は標準時でなければなりません」と、AASMの会長であるジェームズ・A・ローリー博士は述べています。

「標準時は私たちの体内時計と一致し、定期的に高品質で安定した睡眠を得る良い機会を提供し、私たちの身体的および精神的な幸福を向上させます」

どんな対策をしたらいい?

天気が良ければ外に出て運動するのも対策の一つ

時刻の切り替えが続けられる現状を受け、AASMは時計を1時間進めることに関連する疲労と眠気を最小限に抑えるために、以下のようなことを推奨しています。

  • 時間変更前後の夜に少なくとも7時間の睡眠を確保すること。一貫した睡眠のリズムを維持することが重要です。
  • 時間変更の数日前から、就寝時間と起床時間を15〜20分早く設定し、徐々に調整すること。
  • 食事の時間や運動スケジュールなど、体が時刻を理解する日課を調整すること。
  • 3月9日(土)の早い時間に時計を1時間進め、その日の夜に通常の就寝時間に寝ること。
  • 時間変更後は1週間にわたり、朝の早い時間に外に出て、明るい光を浴びること。明るい光が、新しい時間に体内時計を合わせるのに役立ちます。

この時期、シアトルは曇りの日が多いので、太陽の光を毎朝浴びるのは難しい日が多いです。でも、太陽が顔を出す日があれば、外に出て運動し、積極的に時間の変更に慣れるようにしていきましょう。

  • URLをコピーしました!

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

もくじ