シアトルの地理と気候

シアトルの地理

シアトルと日本の緯度比較
アメリカ本土で日本に最も近い街と言われるシアトル。

積雪地帯の北海道よりもはるかに高緯度で、南樺太とほぼ同じ緯度にありますが、地形と海流の関係で海洋性の穏やかな気候に恵まれています。都市部で雪が降ることは珍しく、台風も竜巻もありません。

シアトル市全体の大きさは、約84平方マイル(約217平方キロ)。空の玄関口であるシアトル・タコマ国際空港から約13.3マイル(約22.55km)北にその中心地があります。

シアトル市は、西側はピュージェット・サウンドという海、東側はレイク・ワシントンという湖に挟まれています。

また、シアトルからは東にワシントン州を東西に分断するカスケード山脈、西にオリンピック半島、そして南は富士山より標高の高いマウント・レーニア(標高14,410フィート/4,392メートル)が見えます。

カナダとの国境までは市内から約113マイル(182km)。交通状況によっては約2時間半でカナダに国境に到達できます。

シアトルの気候

lake union

シアトルの夏の平均気温は華氏75度(摂氏24度前後)で、快晴が続き、冷房いらずの過ごしやすい日が続きます。また、夏の日照時間は長く、デイライト・セービング・タイムの実施期間中にあたる夏至には午前5時ごろから午後10時ごろまで明るい状態です。したがって、短期間の観光で美しいシアトルと自然を満喫したい場合は、7月から9月がおすすめ。一方、典型的な冬の1日は午前8時ごろから午後4時ごろまでしか日照時間がなく、天気も曇りや雨が続きます。このように、日照時間が季節によって大きく異なる高緯度のシアトルでは、日中の最高気温を記録する時間も季節によって大きく異なります。

有名なシアトルの雨期は10月ごろから始まり、ピーク時の11月から4月には毎日の降水確率が平均54%以上となります。年間降雨量では東京の140.5cm をはるかに下回る94.5cm(37.19インチ)ですが、平均年間降雨日数は東京の50~60日をはるかに上回る154日のため、日本人にとっても「雨が多い」と思われるようです。しかし、同じ “雨” でも、シアトルの雨は多くの場合、しとしとと降る感じで、日本のように大粒の雨や土砂降りとなることは珍しいとされています。また、日本の東北や北海道、アメリカのボストンやニューヨークといった積雪地帯よりも緯度が高いことから、「雪がたくさん降る」と思われがちですが、シアトルは地形と海流の関係から、最も寒い1月の平均気温は華氏36度(摂氏2度前後)で、雪が降るのは珍しく、氷点下を下回る日は年間平均で約2週間となっています。

シアトルの平均最高/最低気温
F: 華氏 C: 摂氏
1月
2月
3月
4月
5月
6月
47F/36F 51F/37F 55F/39F 59F/43F 65F/48F 70F/53F
8C/2C 11C/3C 13C/4C 15C/6C 18C/9C 21C/12C
7月
8月
9月
10月
11月
12月
75F/56F 75F/57F 70F/53F 60F/43F 52F/40F 47F/36F
24C/13C 24C/14C 21C/12C 16C/6C 11C/4C 8C/2C

キーワード:

コメント

この記事にコメントする

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「シアトルで暮らす」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。

Fandango Now Tickets for AMC Theatres!