"A Happy New Year!" は間違い! 年末年始の定番フレーズ これさえ覚えておけば大丈夫!

年末年始、いろいろなイベントが盛りだくさんですね☆
いろんな定番フレーズを言うチャンスがありますよ!

ホリデー・シーズン

Merry Christmas!
メリー・クリスマス!

言わずとしれた、キリストの誕生を祝う言葉です。いろいろな場面で言われますね。

これには、"Merry Christmas!" と返してもよいですし、他にはこんな言い方も:

Merry Christmas to you, too!
Thanks, you too!
Thanks, same to you!

あまりオプションがあると混乱しますね・・・

Happy Holidays!
ハッピー・ホリデーズ!

ホリデー・シーズン

キリスト教徒以外の方は、"Merry Christmas" の代わりに "Happy Holidays" と言うことが多いです。

なので、"Merry Christmas!" と言われても、自分がキリスト教徒でないなら、"Happy Holidays!" と返してOK!もちろん、その逆もありです。

このあたりはダイバーシティを尊重して、結構フレキシブルに。

このフレーズ、ホリデー・シーズンと呼ばれる感謝祭の終わりからクリスマスにかけて、挨拶代わりのように使えます。注意するのは、"holidays" という複数形であることぐらい。

さあ、クリスマスが終わったら、挨拶も新年を迎える準備です!

Have a good new year!
来年があなたにとって良い1年になりますように!/良いお年を!

"good" 以外にも "great" や "happy" など別の形容詞でもOK。

↓ またはこれ!

Have a good New Year’s!
良い大晦日/元日を!

元日は New Year’s Day、大晦日は New Year’s Eve と言いますが、この挨拶の "New Year’s" というのはそれらを略したものだそうです。

ソーシャルメディアでは、#NYE (大晦日)のハッシュタグがありますね。

Happy New Year!
あけましておめでとう!

ホリデー・シーズン

新年になった時、誰にでも言える挨拶です。
いつまで言っていいかは特に決まっていません。適当です。

「決めてもらわないと落ち着かない!」という人は、「新年に初めて会う相手が言わないなら、もう言わなくていい時期なんだ」と解釈してみるといいかもしれません。

ここで、日本人がよくやる間違いをご紹介!

"A Happy New Year!"
「あはっぴーにゅーいやー!」

この間違い、ホリデーカードや年賀状、ブログ、ウェブサイトなどいろんな所でまだまだ見かけますね!個人だけでなく、世界的な企業でもまだ堂々と "A" をつけて書いていることもあります。

"A happy birthday!" と言わないのと同じく、"A" は不要です。

"Happy New Year!" だけにしておきましょう。

さて、次はちょっと上級編です。

Have you made a New Year’s resolution?
新年の抱負はもう決めた?

新年の抱負。「今年こそっ!」という気合いですね。

もっと単刀直入に、

What’s your New Year’s resolution?
新年の抱負はなに?

と聞かれることもありますよ。

え~、新年からいきなりスモールトーク(世間話)? 焦る・・・

そんなときは、こんなふうに答えてみては?!

My New Year’s resolution is to stay active.
僕の新年の抱負は、アクティブであり続けること。

My New Year’s resolution is to quit my job and start my own business.
私の新年の抱負は、仕事を辞めて、起業することなの。

My New Year’s resolution is to graduate this June and find a good job!
私の新年の抱負は、この6月に卒業して、いい仕事を見つけること!

これで年末年始の挨拶はバッチリ!

Let’s raise our glasses to a Happy New Year!
新年に乾杯!/良い一年に乾杯!

掲載:2016年12月

コメント

この記事にコメントする

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「シアトルを遊ぶ」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。