MENU

CDC、米国に入国する航空旅客に新型コロナウイルス検査の陰性証明を義務付け

  • URLをコピーしました!

CDC(疾病予防管理センター)は12日、米国に入国する2歳以上の航空旅客に対して、新型コロナウイルス検査による陰性証明を義務付けると発表しました。1月26日から適用が始まります。

航空旅客は、米国への渡航前3日以内に受けた新型コロナウイルス検査の陰性証明(書類または電子コピー)、または新型コロナウイルス感染症から回復したことを証明する文書を提出する必要があります。

CDC は、航空会社はすべての乗客の陰性証明または回復証明を搭乗開始前に確認し、乗客がこれらの証明を提供しない場合や検査を受けない場合は、その乗客の搭乗を拒否する必要があるとしています。

さらに、CDC は、アメリカ到着後3~5日以内に再検査を受けることや、到着後7日間にわたり自宅待機することが、旅行に関連する地域社会での感染拡大を遅らせることに有効としています。

詳細は CDC の公式サイトで確認できます。

更新:「2歳以上」を追加しました。



  • URLをコピーしました!

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

もくじ