MENU

【PR】海外在住者必見!日本一時帰国で「ポケットWiFiルーター」を借りて、ネット接続も安全・安心!

  • URLをコピーしました!

日本に到着し、空港でポケット WiFi ルーターをレンタルしてすぐインターネットに接続、電車やシャトルのスケジュールを確認して、移動しながら LINE で家族や友人に「日本に着いたよ!」と連絡する ー 。

そんなふうに、日本ですぐにインターネットに接続できれば、誰かと連絡を取りることができるだけでなく、目的地までの移動方法を確認したり、お店やイベントを調べたりと、普段の生活でしていることができます。

インターネットは、日本での快適な一時帰国の始まりから終わりまで、なくてはならないものなのです。

でも、ちょっと待って!

ホテルやカフェ、空港や新幹線などの公共の無料 Wi-Fi からインターネットに繋いでいませんか?

公共の無料 Wi-Fi を使うと出費は抑えられますが、誰でも無料で使えるものなので、個人情報の漏洩、ウイルス感染、通信の盗聴や覗き見の被害にあう可能性があります。

日本滞在中でも銀行やクレジットカードなどのウェブサイトにアクセスしたり、メールの送受信をしたりする必要があるなら、なおさらセキュリティが心配。

勤務先や取引先とのオンライン会議、イベントなどからのストリーミングをする場合など、インターネットへの接続にリスクがあると、ストレスになる。

そこで、一時帰国中のインターネット利用について、安心して手軽に使える方法をまとめました。

もくじ

一時帰国中のインターネット接続方法

一時帰国中にインターネットに接続する方法には、次のようなものがあります。それぞれのメリットとデメリットを比べてみてください。

方法メリットデメリット
Wi-Fi ルーター個別アクセスポイントとパスワードで保護
空港で受け取り、その場で接続可
自分のスマホ、ラップトップ、タブレットで利用可
LINEなどのアプリ通話が可能
料金が比較的安い
アプリ以外の通話は不可
1日の容量制限
SIMSIMフリーのスマホで利用可
購入後、すぐに利用可
料金が比較的安い
SIMフリーの携帯が必要
ラップトップ、タブレット不可
自分のスマホをSIMフリーに自分のスマホが使える一時帰国前にSIMロック解除必要
公共の無料Wi-Fi無料セキュリティ面に懸念
アクセスポイントが少ない
利用登録が必要な場合もあり
自分のスマホのテザリング自分のスマホが使える電池の消耗スピードが加速
容量制限

結果として、SIMフリーのスマートフォンでしかネットに接続する必要がない場合は SIM、スマホからもラップトップからも常時接続したい場合はポケットサイズの WiFi ルーターをおすすめします。

WiFi ルーターは、手の平サイズで持ち運びも簡単

WiFi ルーターとは、WiFi を発信している小さな機械です。

WiFi ルーターのメリット

ここでは、レンタルした経験を踏まえて、ポケットサイズの Wi-Fi ルーターのメリットをご紹介します。

  • 日本に行く前にオンラインで予約できる。
  • 1日から必要な日数だけ契約できる。
  • 日本の主要空港で受け取ることができ、すぐに使い始められる。
  • ルーターの電源を入れ、パスワードを入力するだけで利用できる。
  • それぞれのWiFi ルーターに個別のパスワードが設定されているので、セキュリティ面も安心。
  • ポケットサイズなので、持ち運びが簡単。
  • 端末が WiFi に対応していれば使用できる。SIM カードのように端末に差し込む必要なし。
  • 高性能なバッテリーで、充電後、8~10時間利用できる。
  • ルーター1台で、コンピュータ・スマホ・タブレットなど5〜10台まで同時に接続できる。
  • 手続き不要でレンタル期間の延長ができる。
  • 日本の主要空港で返却できるので、出国直前まで使える。

つまり、普段の生活と同じように、いつでもどこでもインターネットと繋がっていられるのです!

一時帰国にぴったりな WiFi ルーターの選び方

WiFi ルーター

では、一時帰国中にWi-Fi ルーターをレンタルする場合、どのように選んだらよいのでしょうか。実際に借りてみた経験を踏まえると、次の3つがポイントとなるかと思います。

  1. 事前予約して、空港で受け取ることができるかどうか。
    一時帰国中に実家に滞在するにしろ、ホテルに滞在するにしろ、到着した空港で受け取ることができれば、その場ですぐにネットに接続し始めることができます。実家やホテルへの宅配を選ぶ必要はありません。手の平サイズで軽量なので、持ち運んでいることを忘れるぐらいですから、「空港で受け取ったら荷物が増える」といった心配もありません。

    「すでに日本に一時帰国中で、これからレンタルしたい」という場合は、宅配してもらえます。
  2. 滞在中に必要な容量をカバーしているかどうか。
    ルータによって容量はさまざまですが、滞在期間や滞在中にしなくてはならないことによって、必要な容量を決めます。特に、滞在中にインターネットを使って仕事をする予定がある場合、容量は最大のものを選びます。オンライン会議をしたり、動画を見たりする場合は、より高速で、通信量が1日10GBまたはのルータをレンタルするのがおすすめです。
  3. レンタル料金
    レンタル料金は安いほど良いと思うかもしれませんが、安かろう悪かろうにならないようにしなくてはなりません。

申し込みから返却まで

ここでは、ジャングルシティスタッフがレンタルしたことのある2社のサービスをご紹介します。

名称回線会社受け取り場所返却方法
Wifiレンタルどっとこむ
Softbank、au、docomo、UQ WiMAX空港、宅配、コンビニ空港、郵便
グローバルモバイル
SoftBank Wi-Fiルーター
Softbank空港、宅配空港、郵便
上記リンクはアフィリエイトで、契約を通して報酬が発生することがあります。
STEP
申し込む

パソコン、スマートフォン、タブレットから申し込めます。レンタルしたい WiFi ルーターと期間を選択し、受け取る場所を選びます。

STEP
受け取る

宅配やコンビニ、または空港にある受け取りカウンターにてレンタル機器を受け取ります。受け取り後は、簡単な設定だけでWiFiに接続できます。空港にある受け取りカウンターにて受け取る場合は、その場で接続するのがおすすめです。問題があれば、スタッフに確認しましょう。

STEP
返却する

レンタル期間が終了する日に、宅配、空港、日本国内のポストに返却します。

必要であれば延長もできるので、事前に連絡して調整しましょう!

STEP
返却を完了する

返却したレンタル機器が到着後、返却完了のメールが送られてきます。

名称回線会社受け取り場所返却方法
Wifiレンタルどっとこむ
Softbank、au、docomo、UQ WiMAX空港、宅配、コンビニ空港、郵便
グローバルモバイル
SoftBank Wi-Fiルーター
Softbank空港、宅配空港、郵便
上記リンクはアフィリエイトで、契約を通して報酬が発生することがあります。

レンタルしたスタッフの感想:成田空港のカウンターで WiFi ルーターを受け取り、すぐに電源をつけて、パスワードを入力するだけで、ネットにつなぐことができました。帰りは同じく成田空港の返却ボックスで返却したので、出国ぎりぎりまで使うことができました。滞在中も常にネットが使えて、本当に便利でした。次の一時帰国でも使います。

レンタルしたスタッフの感想:羽田空港のカウンターでWiFiルーターをレンタルし、その場で電源をつけ、自分のスマートフォンにルーターのパスワードを入力して、インターネットに繋げたことを確認しました。その場でスタッフがサポートしてくれるので安心でした。前回レンタルした時、移動中で充電できない環境でルーターのバッテリーがなくなったことがあったので、今回は充電用のバッテリーをシアトルから持参して重宝しました。仕事で使う場合、容量は5GBよりも10GBがおすすめです。帰りは出国直前まで使い、羽田空港の返却ポストに返却しました。

いかがでしたか?皆さんが WiFi ルーターをレンタルして、快適な一時帰国を過ごされることを応援しています。

  • URLをコピーしました!

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

もくじ