MENU

海、川、湖で安全に過ごそう!ライフジャケット着用と低体温症対策

  • URLをコピーしました!

気温が上昇する時期は、水遊びをすることも多くなり、水難事故が増える傾向にあります。

National Weather Seattle によると、ワシントン州西部の海や湖、川の水温は、真夏でも40~60℉(4~20.5℃)。そのため、飛び込んだり、落ちたりすると、低温によるショック(cold water shock)でおぼれたり、体温を失って低体温症(hypothermia)となり、命を落とすこともあります。

そのような状況を防ぐには、水辺で遊ぶ際は子どもも大人もライフジャケットを着用することが必要です。

もくじ

ライフジャケットが必要な理由

大人もライフジャケットの着用を忘れずに

ライフジャケットをつけていれば、水に落ちても、すぐに溺れることはありません。

ところが、低温によるショックを受けると、水泳が上手な人でも10分以内に筋肉を動かせなくなるとされていますキング郡の公式サイト)。

ワシントン州法では、長さ19フィート以下の船舶に乗る場合、12歳以下の子供はライフジャケット、またはライフベストの着用が義務付けられています。

ライフジャケットを購入できる場所

ライフジャケットは、スポーツ用品店や会員制の量販店などで販売されています。スポーツ用品店の場合は試着できることもあります。

また、オンラインでも販売されているので、手軽に購入できます。

Amazon.com アフィリエイトのリンクです。
このリンクをクリックして商品を購入することにより、当サイトは収益を得る可能性があります。

ライフジャケットを借りられる場所

ライフジャケットを借りられる場所の一つ
イサクア市のレイク・サマミッシュ

シアトル市内近郊では、ライフジャケットを借りられる場所があります。詳細はこちらの地図でご確認ください。

  • URLをコピーしました!

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

もくじ