第7回 アメリカでソフトウェア系エンジニアとして働くには

アメリカでソフトウェア系エンジニアとして働くには

アンケートのお願い

もっと詳しい経験談を聞いてみたいと思う方は、こちらに書き込んでみてください。
アンケートの結果に基づいて読者の人たちが興味のあるトピックを今後のエッセイでできるだけ取り上げていきたいと思います。

Seattle IT Japanese Professionals

執筆者:堀 剛さん

第7回 筆者プロフィール:堀 剛(ほり・ごう)さん
Seattle IT Japanese Professionals Secretary。東京生まれ、千葉育ち。日本で高校を1年留年するも、(一応)卒業して渡米。英語学校、短期大学、4年制大学を卒業後、ソフトウェア・エンジニアとしてアメリカに残る。現職は Amazon Web Services で、Amazon Kinesis Streams のディベロップメント・マネージャー。

フローチャート作成: T.K.さん
Seattle IT Japanese Professionals Staff。日本の大学院で波動量子物理工学を専攻。卒業後、日本の大手電機メーカーに就職したが、紆余曲折あり現在はシアトルでクラウドインフラ技術習得のためトレーニング中。

漫画:銭湯ルイス(せんとうるいす)
Seattle IT Japanese Professionals 漫画担当。原案と作画を二人で担当しているコンビ名。日本の漫才コンビ 『星セント・ルイス』 とは別人。本業は IT。スーパー銭湯好き。

アメリカで長く仕事をしているということで一番よく質問されるのが、「どうすればアメリカで働けるのか」ということです。この話をするのに避けて通れないのが、就労許可(ビザ、永住権、市民権)、英語、そして仕事の能力。今回は最初の二つ、そしてソフトウェア系の仕事に絞ってお話しさせていただきます。

アメリカでエンジニアとして働くには

「アメリカでエンジニアとして働くには、どうすればいいか?」という質問はそのまま、「どうやって就労許可を取得するか」ということになります。アメリカが就労許可を出すというのは、世界中の優秀な人を集めて経済に貢献させようということなので、私の会社にも世界中から優秀な人たちがいろいろな方法でアメリカに来て、アメリカの経済発展に貢献しています。

私の周りにいる日本人のソフトウェア・エンジニア(子供の時に親と一緒にアメリカに来た人たちは除きます)から、どのような経由でアメリカにたどり着いたかという話を聞くと、おおまかに10種類ぐらいのパターンがあることがわかります。そのパターンをフローチャートにしてみました。

これだけいろいろ選択肢があるのと少し迷ってしまうかもしれませんが、自分にあっていそうなコースはあるでしょうか?

外資系トランスファー安全コース

私の周りの日本人ではこのコースでアメリカにたどり着いた人が一番多いと思います。シアトルには Microsoft と Amazon の本社があるので、日本から本社に来るわけです。他にも、Hewlett-Packard などから働き始めて、転職でシアトルにたどり着いたという方もいます。そういう方はすでに日本で実績があることが多いので、技術的な問題は少なくなると思いますが、欠点が二つあります。一つは会社の事情に左右されるということです。自分の意志だけではアメリカに来ることができないというのがネックになるでしょう。もう一つが英語です。今回ご紹介する他のコースよりもアメリカに来る時期が遅くなるので、そのぶん英語で業務をすることが大変になります。英語がちゃんとできれば、日本での実績があるので、失敗は少ないかと思います。英語力に不安がある人は、日頃から英語を使って本社の人とコミュニケーションをしてみるといいかもしれません。

アメリカの学校を卒業して就職コース

最終的には専門職ビザの H1-B というビザが必要なのですが、U.S. Citizenship and Immigration Servicesのレポートによると、2014年に H1-B を取得した人の最高学歴の割合は、学士が45.01%、修士が43.12%、そして博士が7.75%です。必ずしもアメリカの学校で学位を取得していなければならないということはありませんが、とりあえず大学は卒業していないとこのコースはかなり難しいという統計が出ています。年齢で見てみると、20-24才が3.8%、25-29才が34.13%、30-34才が37.53%、そして35-39才が16.61%と、30代が過半数以上を占めているのがわかります。30代の人たち、これからでも遅くはないですよ!

(1)アメリカ大学院王道コース

日本の大学を卒業し、アメリカ大学院で修士号か博士号を取得して就職するというコースです。私のまわりでは、インドや中国など、アメリカ以外の国から来て働いている人は圧倒的にこのコースが多いと思います。他のコースと比べても、一番選択肢が多く、リスクも少ないのではないでしょうか。大学在学中に準備ができる、短期留学などで英語の勉強もできる、奨学金がもらえる可能性がある、失敗しても大卒なので潰しがきく。個人的にはこのコースが一番よいのではと思っているのですが、皆さんはどう思いますか?

(2)アメリカ大学叩き上げコース

私はこのコースです(笑)。なので、当然、私としては一番応援したくなるコースです。日本の高校を卒業し、アメリカに留学して英語学校に通い、それから短大、そして4年制大学に編入と、道のりは長かったですが、アメリカの懐の深さを思い知らされました。このコースの一番の長所は、まだ若いうちにアメリカに来るということです。英語も早く上達できますし、文化にもなじみやすいです。しかし、若いうちから異国で目標を達成していくというのは、かなりリスクが高い選択でもあります。日本の大学からこちらの大学に編入する場合は別ですが、大学を卒業できない・ビザが取れない・就職先が見つからないなどの失敗してしまった時、先の予定が立てづらいのではないでしょうか。また、奨学金をもらうのも大学院より大変かと思いますので、お金がかかるかと思います。でも、トライする価値はあります。高校生の皆さん、「日本の大学はちょっと難しいかな」と思っていたりしたら、ちょっとアメリカに来てみませんか?

"I am in love!" 結婚コース

生涯の伴侶がたまたまアメリカ人だった、というコースです。結婚を通して米国永住権(グリーンカード)を取得し、ビザを取得する必要なく、アメリカ人と同じ立場でアメリカで働くことができます。しかし、こればかりは運命みたいなものではないでしょうか。と言っても、仕事だけでなく、国際結婚にまつわるいろいろなことも絡んできます。

フローチャートでもわかるように他にも色々コースはあるのですが、今回はこのぐらいで。

SIJP 学生部からのお知らせ
『Ways to Make a Decision – 各界で活躍する人たちの分岐点とは?-』
開催日時:11月14日(土)2pm-4pm
会場:ワシントン大学
シアトルに留学をしている学生の中には将来の進路選択などに悩みを抱えている方も少なくはないと思います。しかし、これは全ての社会人が通ってきた道でもあります。そこで現在各界で活躍する方々が、どのように悩み、意思決定を下して、自らの道を切り開いてきたのか知りたくありませんか?今回はシアトルで活躍されている方々をお呼びしてパネルディスカッションを行い、キャリアをテーマにどのようにゲストの方々が意思決定を下してきたのかを話して頂きます。

アップデート:イベントは大盛況のうちに終了しました。その様子はこちらの動画でご覧ください

掲載:2015年11月

コメント

この記事にコメントする

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「ひと」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。