穴場がいっぱい!ウエスト・シアトル ローカルがすすめる10の楽しみ方

手頃で治安がいいと言われる住宅地、ウエスト・シアトル。アルカイ・ビーチの夜景スポットや夏のアクティビティで知られていますが、住宅地ならではの魅力も見逃せません。そこで、ウエスト・シアトル住民の目線で、おすすめのスポットやアクティビティをご紹介します。

1)サンデー・ファーマーズ・マーケットから始まる一週間

旬の食材を近隣農家が直売するファーマーズ・マーケットが、毎週日曜、ウエスト・シアトルの中心街、ジャンクションエリアで開かれる。

「街が活気にあふれ、賑わいます。予定のない日曜は必ず足を運んで、季節の食材を調達します」

2)家族や友人と過ごす週末ブランチ

仕事や学校で平日はすれ違いが多くなる家族にとって、週末ブランチは貴重なコミュニケーションの場。

「少なくとも週に一回は、ゆっくり食事をしながら会話をするのが我が家のしきたり。新鮮な食材とヘルシーなメニューの 『Fiddlehead Fine Foods & Cafe』 は、シアトルの数あるブランチスポットでも穴場です」

3)観光スポット「イージー・ストリート・レコード」

インディーズ音楽のメッカ、シアトルにおいてさえ今や貴重な存在のCDショップ。そのなかで営業を継続している 『Easy Street Records and Cafe』 は、ウエスト・シアトルのみならず全米の音楽ファンにとって貴重な情報源。「音楽業界をサポートするためにも、ここでCDを購入します」という住民も多い。併設カフェも人気で週末は混み合うが、待ち時間にいろいろな音楽を試聴できるのが嬉しい。通を唸らせるような料理の名前にもご注目。

「州外から音楽好きの友達が来たら、観光スポットとして案内しています」

4)コンサイメント・ストアで賢く買い物

ウエスト・シアトルには、状態のいい古着やヴィンテージものを委託販売するコンサイメント・ストアがたくさん営業している。住宅地ならではの豊富な品揃えで、時に思わぬ掘り出し物にも出会える。ベーシックな日常着を低価格で提供している 『Funky Jeans Consignment』 や、子供服の丁寧な取り扱いが高評判の 『Sunset Sunrise Shop』 は、住民にとって必需店。

「すぐにサイズが変わってしまう子供服や、たまにしか着ないパーティードレスなどの調達にも重宝します」

5)ちょっとしたスナックを食べ歩き

ジャンクション周辺は、ちょっとしたスイーツやスナックの食べ歩きにも最適。今や他州にまでその名を轟かせる本格フレンチ・ベーカリーの 『Bakery Nouveau』、生ハムやトリュフオイルのブルスケッタが人気のイタリアンデリ 『Pellegrini Italian Market』、この秋にウエスト・シアトル店がオープンしたばかりのパイ専門店 『A La Mode Pies』 など、目移りする。

6)再利用や手作りが楽しめる家プロジェクト

シアトルの長い冬を利用して DIY やクラフトを楽しむ人も多い。ウエスト・シアトルには、素敵な家具やインテリアショップもあるが、Wild Rose’s Antiques (4529 California Ave SW)や Antique Mall of West Seattle(4516 California Ave SW)で、中古家具を買ってアレンジしたり、自作アートをインテリアにしたりすれば、作る楽しみと使う楽しみが両方味わえる。

「『Northwest Art & Frame』 は、アート道具やデザイン小物の品揃えもいい。写真や絵画の額を入手するならシアトルで一番お買い得です」(写真家)

7)カフェで長居を

比較的のんびりとした時間が流れるウエスト・シアトル。勉強したり、おしゃべりしたり、カフェで数時間過ごすのもざら。

  • 「コーヒーのクオリティなら『Realfine Coffee』」(コーヒー好き)
  • 「『C&P Coffee Company』 は、とにかくゆっくりくつろげる場所」(主婦)
  • 「Wifiがあって仕事場として利用できるのが 『Hotwire Coffee House』 と 『Freshy’s』。Freshy’sのスープはシアトル一だと思うので、試してほしい」(営業マン)

8)今話題の人気ナイトスポット

ウエスト・シアトルには、人気のブルーパブやバーレストランも多いが、今一番話題なのが、この秋オープンしたばかりのチャイニーズ・パブ 『New Luck Toy』。シアトルの著名なシェフが本気で挑んだ、なじみのある、しかし「洗練された」中華料理と、ベタな中華風インテリアを再利用したキッチュな店内が、これまでにない斬新さを生み出している。この春オープンした 『Kizuki Ramen & Izakaya』 のウエスト・シアトル店は今も行列ができ、ウエスト・シアトルはアジア風ナイトライフがクール! 

「どちらの店も、一人でも利用しやすいのが嬉しいです」

9)冬の夜長は、ボードゲームで

全米でも随一のIT&ゲーム産業の発達しているシアトルにおいて、意外と人気が高いボードゲーム。数年前に巷で大ブレイクした 『Ticket to Ride』 や 『現代版人生ゲーム』 など、運・戦略・想像力・知識を駆使するドイツ系ボードゲームで、コミュニケーションが生まれ、一緒に遊ぶ時間を楽しむ。ボードゲームの販売やゲームを楽しむスペース(カフェ)を提供する 『Meeples Games』 はぜひ。

10)地元密着情報、ウエスト・シアトル・ブログ

最近日本でも話題になっている、特定の地域に限定した地元密着型メディア。West Seattle Blog(ウエスト・シアトル・ブログ)は、シアトルのテレビ局で働いていたジャーナリストによる本格的なニュース報道が魅力。事件や事故のレポート、渋滞情報、新しい店、コミュニティのちょっといい話まで幅広く取り扱い、住民の絆と地元経済の活性化を強めている。

「朝晩の通勤時に、必ずチェックしています」

掲載:2017年1月 文:渡辺菜穂子

コメント

この記事にコメントする

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「シアトルのネイバーフッド(エリア案内)」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。