第4回 特別企画・犬を飼いたくなったら

粥川由美子さん

執筆者:粥川由美子(かゆかわゆみこ)

北海道出身、画家。2005年よりシアトルに在住。シアトルで初めて飼ったペットは、動物保護施設から引き取ったパピヨン犬のキット。キットとの暮らしの中で、シアトルの動物愛護の精神や、犬にやさしいこの街の一面を知り、ブログ 『キットと歩こ、シアトル "いろいろ" ストリート。』 を開始。

【公式サイト】 sweetyumiko.com
【著書】 『Japanese Wolf

粥川さんのプロフィールはこちら

夏は犬のイベントがいっぱいのシアトル。ペットの里親探しも盛んです。これまでシアトルで犬とできることをご紹介してきましたが、今回は特別企画として、犬の入手方法のひとつ、アダプションについてご紹介したいと思います。

アダプションという選択

犬を飼いたくなったら

Seattle Pet Expo での各種施設の里親探しブース

「よーし、犬を飼おう!」

そう決めた時、どうやって犬を探しますか?散歩で会った飼い主さん達に聞くと、ブリーダーから入手したか、施設から引き取ったという方が多いよう。ドッグフードの Wellness によると、ワシントン州は現在、ペットアダプション件数の多さで、全米6位。でも、全米で飼われている犬のうち、アダプションされたケースは、わずか20%です。飼い主のいない犬があふれているのに、なぜでしょう?

忠犬も家を失うという現実

「施設の犬は問題犬だと思っていた」
「こんなにかわいい犬が施設から?」

犬を飼いたくなったら

キットとの面会を取り付け、アダプトを決めた日

キットが施設から来たというと、驚かれることがあります。キットは、前の飼い主が病気になり、施設に託されました。犬に悪いところがなくても、子供にアレルギーが出た、飼い主と死別した、などの理由で、やむなく手放されることがあります。かわいさや利口さは、家を失わない理由にはなりません。

また、施設に保護されている犬の30%が、ブリーダーに繁殖され、手に負えず捨てられたケースです。家庭で育っても、きちんと躾けなければ問題犬になりますから、「施設の犬=問題犬」とは、一概には言えません。よく日本のテレビ番組で芸能人が、愛犬がどれほど高価だったか自慢しているのを見ます。「さぞ良い犬なんでしょうね」と司会者は言いますが、「良い犬」とは何でしょう?高価な犬でしょうか?

1 2 3 次のページ

コメント

この記事にコメントする

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「シアトルで暮らす」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。

Fandango Now Tickets for AMC Theatres!