MENU

エッセイ:日本企業の課題と存続へのアプローチ– category –


日本企業の課題と存続へのアプローチ




さまざまな課題を抱える日本企業。日本と米国の企業での勤務経験を持つ著者が、その課題が出来上がった背景を読み解き、解決へのアプローチを提案します。




執筆:鷹松弘章


鷹松弘章


1998年にMicrosoft Corporation 日本支社に入社し、2001年から米国本社にて技術職の主幹マネジャーとして Windows などの製品開発の傍ら、採用、給与・等級の決定やレイオフに携わる。2017年にデータ解析大手の米国 Tableau Software(タブロー)入社。スターティアホールディングス株式会社などの社外取締役も務める。個人でもエグゼクティブコーチングやコンサルタントとして活動。日本国内の大学・高校・企業などで講演活動も行っている。詳しくは hiroakitakamatsu.com で。

1