満月の呼び名 1月から12月まで勢ぞろい

月

先人たちは月の動きを観察して太陰暦を作り、農業や漁業、狩猟の目安にしていたことはよく知られています。

Farmers’ Almanac によると、今アメリカで使われている満月の名前は現在の米国の東部と北部に住んでいたネイティブ・アメリカンによる呼び名にちなんでいるそう。ここではそのうちの主なものをご紹介しましょう。

1年間の満月 主な呼び名

1月: Wolf Moon/Old Moon(狼が空腹で遠吠えをする頃)
2月: Snow Moon/Hunger Moon(狩猟が困難になる頃)
3月: Worm Moon/Sap Moon(土から虫が顔を出す頃/メープル樹液が出る頃)
4月: Pink Moon(フロックス/Phlox というピンクの花が咲く頃)
5月: Flower Moon(花が咲く頃)
6月: Strawberry Moon(イチゴが熟す頃)
7月: Buck Moon(雄ジカの枝角が伸びきる頃)
8月: Sturgeon Moon(チョウザメが成熟し、漁を始める頃)
9月: Harvest Moon(収穫の頃)/Corn Moon(とうもろこしを採取する頃)
10月: Hunter’s Moon(狩猟を始める頃)
11月: Beaver Moon(毛皮にするビーバーを捕獲するための罠を仕掛ける頃)
12月: Cold Moon(冬の寒さが強まり、夜が長くなる頃)

ウエスタン・ワシントン大学では、それぞれの部族が住んでいた場所や環境、体験によって異なる名前がつけられていると紹介しています。

例えば、1月の満月には、米国北西部の太平洋側の Tlingit 族は Goose Moon、オレゴン州の太平洋側 Kalapuya 族は "stay inside" という意味の名前をつけていました。アメリカの国土は日本の約25倍ですから、「アメリカ」と言っても気候がかなり違いますよね。

詳しくは同大学のウェブサイトでご覧ください。

キーワード: