パイク・プレース・マーケット Pike Place Market

pikeplacemarket

ダウンタウンから Pike Street を海に向かって歩いていくと正面に見えてくる 『PUBLIC MARKET CENTER』 の看板。現存するマーケットでは全米で最も歴史の長い、パイク・プレース・マーケットの入口だ。

pikeplacemarket

1907年、農産物の高騰に怒った数百人の農民達が農産物をワゴンに乗せてやってきたのがそもそもの始まり。その後、アメリカの大不況時代に全盛期に突入したが、第2次世界大戦中に農民の多数を占めていた日系人達が強制収容所へ連行されると、マーケットの存続自体が危機に直面することとなった。しかし、1960年に 『Friends Of The Market』 という団体がマーケットの保存運動を開始し、1971年に今日のマーケットの基礎となる議案が可決され、パイク・プレース・マーケットは現在ではスペース・ニードルに次いで訪問者数の多い観光スポットとなっている。

pikeplacemarket

マーケットに入るとまず目につくのが、魚売場。サーモンやカニ、ロブスター、いか、たこなど、そして夏から秋・冬にかけては名産のキングサーモンとダンジネス・クラブ(カニ)が店頭に所狭しと並ぶ。ごろんと寝転ぶ巨大な魚はかなりの迫力。「こんな形をしていたのか」 なんて勉強になったりするので、スーパーマーケットの切り身パック・刺身パックしか知らない子供にもいいかもしれない。店先に陣取った売り子が「今日の魚は!」と景気のいい声をはりあげ、客が注文をすると、氷をしきつめた中に寝転がっている魚を、カウンターの向こうにポーンと放り投げ、パートナーがキャッチするのが見どころの一つとなっている。この魚屋は世界各地の大企業などが採用し、日本では病院で採用されている「フィッシュ哲学」の生みの親。職場を楽しくて生産的な職場にするという哲学のとおり、店員は常に楽しそうで、客と真摯に向き合っている。

pikeplacemarket

魚売場の隣は、色とりどりの新鮮な野菜や果物、花などが所狭しと並べられているファーマーズ・マーケット。ワシントン州は全米でも有数の農産物の産地であることから、野菜や果物の種類の豊富なことに驚くだろう。その奥には土産物になるドライフルーツやアクセサリ類も売られているので、ぜひチェックしてみよう。また、地下にはアンティーク・ポスター・香・レコード・アクセサリ・バッグなどの小売店がある。すべての店を見てまわるには半日かかるだろう。

pikeplacemarket

そしてファンなら見逃せないのは、スターバックスの1号店。1971年に開店したこの店舗は、当時使われていたロゴ(胸を露出した人魚の下半身の魚部分が左右に分かれているリアルな絵)を掲げている。座る場所はなく、ドリンクやお土産を買うだけだが、夏は特に観光客でごった返している。特にこの店舗でしか販売されていない 『Pike Place Market』 の文字が入ったマグカップなどは土産物としても人気だ。店の前でミュージシャンらによるパフォーマンスが楽しめることもある。ちなみに、マーケットに入る手前、1st Avenue と Pike Street の北東の角にもオリジナルのロゴであしらったスターバックスがあるが、これは1号店ではないので要注意。

pikeplacemarket

もちろん、小売店だけでなく、カフェやレストランもいろいろある。もうかなり古い映画となってしまったが、『Sleepless in Seattle(邦題:めぐり逢えたら)』 でトム・ハンクスが同僚と食事をするシーンに使われたアセニアン・イン(Athenian Inn:Pike Place Market 1階)や、屋外での食事が楽しめるボリビア料理のコパカバナ(Copacabana Cafe:1520 1/2 Pike Place)、イタリア料理ならピンク・ドア(Pink Door)、フランス料理ならカフェ・カンパーニュ(Cafe Campagne)などよりどりみどり。軽食で済ませたい場合は、ローカルの牛乳を使ったシアトル産のチーズが味わえるビーチャーズ(Beecher’s)、イタリア人が経営するイタリア料理の惣菜店デロレンティ(DeLaurenti:1435 1st Avenue)、フランス人とアメリカ人共同経営のベーカリー、ラ・パニエ(La Panier)などもおすすめ。すべてマーケットのストリート・レベルにあるので、覗いてみよう。

pikeplacemarket

Pike Place Market
【住所】 1st Avenue & Pike Street, Seattle (地図
【営業時間】 クラフト・マーケット 10am-4pm; 小売店 10am-6pm; ※朝食 6am から
【定休日】 感謝祭、クリスマス、元日
【公式サイト】 www.pikeplacemarket.org
【問い合わせ】 (206) 682-7453
【駐車】 Pike Place Market Garage

コメント

この記事にコメントする

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「シアトルを遊ぶ」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。

Fandango Now Tickets for AMC Theatres!