MENU

アメリカのクレジット・ヒストリーとクレジット・スコアって?

  • URLをコピーしました!

アメリカで生活していく上で、きちんと管理しなくてはならないもの。

それは、クレジット・スコアとクレジット・ヒストリーです。

もくじ

クレジット・スコアとは?

クレジット・スコアとは、個人の信用度を評価した3桁の数字です。

最も一般的なクレジット・スコアは FICO Score(ファイコ・スコア)です。これは、Fair Isaac Corporation が開発したもので、米国の90%の大手銀行や金融業者が借り手の信用リスクを評価するのに使用しています。300から850までの3桁の数字がありますが、一般的に670〜739は “good”(良好)にあたります。580〜669の場合、ローンを組むことが難しくなるか、希望に沿った利率を得られない可能性があります。なお、FICO Score には、車や不動産のローンのためのスコアなど、いくつか種類があるので、確認してみましょう。

このクレジット・スコアは、個人のクレジット・ヒストリー(信用履歴)に基づいて算出されます。FICOスコアは、支払い履歴、現在の負債レベル、使用されているクレジットの種類、信用履歴の長さ、新しいクレジット・アカウントを考慮して算出されます。

支払いの延滞や滞納、コレクション・エージェンシー(回収代行の専門会社)の介入、破産は、クレジット・スコアに影響します。その結果、ローンが受けられない、ローンの利子が高くなる、クレジットカードを作れない、学生ローンのリファイナンスができないといった問題に発展する可能性があります。

クレジット・レポートとは?

クレジット・レポートとは、個人のローンや返済履歴の詳細のことです。銀行、クレジットカード会社、ローン会社、保険会社、家主、携帯電話会社、電力・ガス・水道供給会社なども、クレジット・レポートを確認することがあります。なお、このレポートには、クレジットスコア、誕生年月日などの個人情報は含まれません。

National Association of Background Screeners(NABS)がスポンサーした2018年のHR.comの報告書によると、企業の95%が採用候補者に対して何らかの身元調査を行っています。また、そのうち16%が全ての採用候補者に対して信用調査や財務調査を行い、ほぼ3分の1が一部の採用候補者に対して信用調査を行っています。

クレジット・レポートとクレジット・スコアの確認

クレジット・レポートとクレジット・スコアは、ソーシャル・セキュリティ・ナンバー(社会保障番号)で管理されています。

クレジット・レポートは、年に一度、クレジット・スコアを保管する ExperianTransUnionEquifax の大手3社が発行するものを 『Annual Credit Report』 から無料で入手できます。

また、FICO Scores は、FICO の公式サイトでレポートを取得できます。無料と有料のチョイスがあるので、確認してみてください。

でも、アメリカに来たばかりの外国人にアメリカでのクレジット・ヒストリーはありません。また、アメリカで生まれた子供にも18歳未満ではクレジット・ヒストリーがないことがほとんどです。そんな場合、最初からクレジット・ヒストリーを作る必要があります。

  • URLをコピーしました!

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

もくじ