MENU

6月12日は 『Loving Day』 アメリカで異人種間結婚が合法化された歴史的な日

  • URLをコピーしました!

6月12日は『Loving Day』。1967年に米国最高裁判所が異人種間の結婚を禁じる州法を違憲とする判断を示し、全米で異人種間結婚が合法化されたことを記念する日です。

そのきっかけとなったのは、白人のリチャード・ラヴィングさんと黒人のミルドレッド・ジェターさんという、バージニア州に住んでいた夫婦による訴えでした。

リチャードさんとミルドレッドさんは、異人種間結婚を禁じるバージニア州法を回避するため、1958年にワシントン DC に旅行して結婚しましたが、バージニア州に戻った数週間後、夜中に自宅に踏み込んできた警察官によって、州法違反で逮捕されてしまったのです。

「刑務所で服役するか、25年にわたりバージニア州に戻らないか」という選択を迫られた2人は、仕方なくワシントン DC に引っ越しましたが、ロバート・F・ケネディ司法長官に抗議の手紙を書き、紹介された ACLU(アメリカ自由人権協会)の弁護士とともに訴訟を起こしました。それから9年後の1967年6月12日、米国最高裁判所が異人種間結婚を禁じる州法を違憲とする判断を示し、その結果、16州の反異人種間結婚法が廃止され、全米で異人種間結婚が合法となったのです。

異人種間結婚を禁止する州法の中には、白人と黒人の異人種間結婚だけに限定せず、白人とアジア人など、他の人種との異人種間結婚も対象にしている州法もありました。

米国の世論調査会社ギャラップによると、2021年時点で米国の成人の94%が黒人と白人の結婚に賛成しており、2013年の前回調査の87%から増加しました。同社が1958年に初めてこの質問で調査した時、賛成と回答したのは4%のみだったことから、この約60年で社会が大きく変わってきたことがわかります。

しかし、アメリカでは人種差別が根強く、異人種間結婚に反対する人が今もいることは容易に想像できます。

ラヴィング対ヴァージニア州裁判を扱ったナンシー・バアースキー監督のドキュメンタリー『The Loving Story』は優れた放送作品に贈られるピーボディ賞を受賞。これをもとにした長編映画『Loving』は2016年に公開され、アフリカン・アメリカン映画批評家協会の最優秀主演女優賞などを受賞しています。

  • URLをコピーしました!

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

もくじ