MENU

アメリカでの飲酒・喫煙は21歳から

  • URLをコピーしました!
ワシントン州でのアルコールの購入について

アメリカでの飲酒・喫煙は21歳から

アメリカでの飲酒・喫煙は21歳からと法律で決まっています。これには従来のタバコ、電子タバコ、vaping も含まれています。

日本では20歳から飲酒できるので、日本からアメリカに来た20歳の人が「日本では20歳から飲酒も喫煙も合法だ」と言っても、アメリカでは21歳になるまで法律違反となります。

これは、アメリカ在住者はもちろん、観光客にも適応されるので、法律を正しく理解しておきましょう。

また、アルコールやタバコを購入できるのも、21歳以上のみです。購入の際には、写真つきの身分証明書を提示する必要があります。

アルコールを購入できる場所と時間帯

ワシントン州では、小さな店ではビールとワインを販売しています。一定の床面積のある小売店であれば、ビールとワインに加えて、ハードリカーも販売しています。

ワシントン州では、小さな店ではビールとワインを販売しています。一定の床面積のある小売店であれば、ビールとワインに加えて、ハードリカーも販売しています。

日本では24時間営業のコンビニエンスストアであれば、いつでもアルコールを購入することができます。でも、アメリカではアルコールを購入できる時間帯が決まっている地域もあります。

※ワシントン州では、2012年6月まで、ハードリカーはワシントン州が運営するリカー・ストアでのみ販売されていました。

公共の場所、車の中での飲酒は禁止

ワシントン州を含む全米のほとんどの州で、路上や公園などの公共の場所、車の中での飲酒が禁止されています。例えば、お花見をしに公園などにお酒を持って行って飲むことはできません。ワシントン州の法律についてはこちら

二日酔いや飲み過ぎたことが原因での失敗は笑い事ではない

勤務先で「前日に飲み過ぎて頭が痛い」に始まり、飲み過ぎたことが原因で失敗した、羽目をはずして大変なことになったという話題は大きなイメージダウンです。自分自身は業績に影響しない程度の飲酒であり、軽い笑い話の一つと考えていても、会社や同僚にとってはその人自身の「プロフェッショナル」「成人」としての意識に疑問を抱く発端になりかねません。

また、学生が2日酔いで登校することも問題行動にあたります。注意されたり、カウンセリングを受けるように指示を受けたりすることもあります。

警察が介入することも

次のような行為が確認された場合、警察に通報されたり、パトロール中の警官に職務質問をされたり、逮捕されて留置場に入れられることもあります。

  • 飲食店で酔い、他の客や店に迷惑な行為をする
  • 酔ってフラフラ歩いたり、道端ですわりこむ・寝る・吐く
  • 酔ってバスやタクシーを利用し、迷惑な行為をする

飲酒運転は、交通法違反ではなく、刑事法違反

また、アメリカでは、どの州でも血中アルコール濃度0.08%(0.8mg/mL)以上は飲酒運転となります。飲酒運転は、交通法違反ではなく、刑事法違反です。詳しくは「アメリカでの飲酒運転は刑事法違反!逮捕後の流れは?ビザへの影響は?」をご覧ください。

更新:2021年5月

  • URLをコピーしました!

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

もくじ