MENU

ワシントン州の電子料金徴収システム 『Good to Go!』(グッド・トゥ・ゴー)

  • URLをコピーしました!

シアトルのあるピュージェット湾地域では、一部の高速道路(freeway)とハイウェイ(highway)の通行が有料となっています。

もくじ

有料の道路はどこ?

現時点で有料の道路はこの地図のとおりです。料金はそれぞれ異なります。

最新の料金はワシントン州運輸局の公式サイトでご覧ください。

どうやって通行料を請求するの?

通行料は、ワシントン州が有料道路で導入している電子料金徴収システム『Good to Go!』(グッド・トゥ・ゴー)を通して支払います。

料金所で料金を支払って通行するのではなく、道路の柱に設置されたカメラが車のウィンドシールド(windshield:フロントガラスのこと)に取り付けたパスを読み取り、パスのアカウント保持者に自動請求する仕組みです。

料金は混雑の状況によって異なります。例えば、混雑が予想される通勤帰宅ラッシュ時は通行料が他の時間帯より高くなります。

カメラは 『Good to Go!』 パスを取り付けていない車はアカウント所持者でないと判断し、車のライセンスプレート(license plate:ナンバープレートのこと)の写真を撮影し、郵便で請求書を送ります。郵便の場合は、パスよりも料金が2ドル高くなります。

『Good to Go!』 のアカウント作成

新しいアカウントはオンラインで作ることができます

新しいアカウントを作る際、最初に30ドルをアカウントに入金しておく必要があります。

アカウント発行の手数料は、その30ドルから引かれます。

『Good to Go!』 の使い方

パスを受け取ったら車に取り付けます。後はそのまま走行するだけ。有料の道路に入るところや、その手前にある電光掲示板に料金が表示されています。最新の料金はこちら

『Good to Go!』 のアカウントを作っていない場合、有料道路の料金が割高になります。料金は時間帯と混雑具合によって異なります。

レンタカーやライドシェアで有料の高速道路やハイウェイを利用する場合は、それぞれのポリシーが異なるため、あらかじめ確認しておく必要があります。

『Good to Go!』 について詳しくは、ワシントン州交通局の公式サイトでご覧ください。

  • URLをコピーしました!

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

もくじ