MENU

プリンス・ウィリアム・サウンド(1)

  • URLをコピーしました!

Prince William Sound (PWS)はアラスカ州最大都市アンカレッジ(Anchorage:人口25万人強)の東にある、巨大ながら風光明媚な入江です。鮭鱒・オヒョウ・ギンダラなどの水産物の宝庫で、ウィッテア(Whittier)、バルデイーズ(Valdez)、コルドバ(Cordova)などの水産基地があり、水産会社の重要な生産拠点にもなっています。今年もこの3月10日からはオヒョウ、およびギンダラ、5月からは紅鮭、キングサーモン、チャム鮭、鱒、銀鮭が順次解禁されます。また、この間にニシン漁があります。

この入江は観光地としても有名で、氷河を見る遊覧船もあります。アンカレッジからバルデイーズまで20人程度が乗れるプロペラ機で約1時間半程にわたり氷河や入江の絶景を見ながら移動するツアーは特に、何度乗っても飽きのこない景色でした。日本からアラスカに出張する水産関係者なら、一度ならずこの飛行機を利用されたことでしょう。なお、アンカレッジやシアトルからコルドバ行きの便はボーイング737のため、残念ながら景色の楽しみはありませんでした。

日本の面積の5倍以上もあるアラスカですが、日本の水産業者が行く場所は限られていることから、空港、また町の路上、生産加工場で同業者(競合?)ともばったり出会ったりするので隠密行動はできず、お互いの行動や手の内が分かってしまう気まずい面もありました。

掲載:2007年3月

『お魚豆知識』 は、宇和島屋鮮魚部の沖良三さんが発行している 『Seafood Newsletter』 の一部です。宇和島屋の入荷商品やおすすめ商品の情報が満載ですので、ぜひご購読ください。お申し込みは seafoodnews@uwajimaya.com まで、日本語でどうぞ。

  • URLをコピーしました!

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

もくじ