アニマル・シェルター 『Seattle Humane』で広報や犬の訓練のアシスタント 恵子・スワンバーグさん

恵子・スワンバーグさん
【ボランティア先】 アニマル・シェルター 『Seattle Humane』
【ボランティアの内容】 猫のビデオ作成、ウェブサイトでの宣伝、犬の訓練クラスのアシスタント
【公式サイト】 www.seattlehumane.org

私がボランティアをしているのは、ベルビューにある非営利団体の Seattle Humane。全米でもトップ10(Maddie’s Fund 統計)に入る、"No-Kill"(※)のシェルターです。犬、猫、小動物、鳥などがアダプトできるほか、犬の訓練クラス、コミュニティ活動もいろいろ展開しています。

日本では動物を飼ったことがなく、それほど興味もありませんでした。でも、シアトルに来てから軽い気持ちで始めたボランティアがきっかけとなり、動物からいろいろなことを学び、良い友達をたくさん作ることができました。

ボランティアを通じて、いかにたくさんの動物がシェルターに来ていて、その動物たちがどんな一生を送るのかを目の辺りにしています。そして、動物を通じて現在の人間社会に何が欠けているのかを学んでいます。動物の一生は私達人間次第。なぜシェルターに来る動物が絶えないのか、それを防ぐためにどんなことができるのか、まずその現実に目を向けて考えなくてはなりません。ペットが欲しいと思ったら、まずシェルターに足を運んでみてください。たくさんのシェルターで、たくさんの動物がセカンド・チャンスを待っています。先進的なシェルターではカウンセラーが動物とのマッチングをしてくれる他、飼うにあたっての準備、飼い始めてから問題が起きた時のサポートもしてくれるので、安心です。

ボランティアの内容

猫のビデオ作成とウェブサイトでの宣伝、犬の訓練クラスのアシスタントのボランティアをしています。また、さまざまな理由でシェルターでの生活が難しい動物の一時預かり(フォスター)もしていて、現在も3匹の猫をフォスター中。2011年に Seattle Humane でのボランティアを始める前は、キング郡のシェルターで12年間同じようなボランティア・フォスターをしていました。

1 2 次のページ

コメント

この記事にコメントする

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「ひと」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。