全米バリスタ・チャンピオン レイラ・ガンバーリさん 「シアトルのカフェ・シーンはこれからさらに進化する」

レイラ・ガンバーリさん
Cherry Street Coffee House

2014年全米バリスタ・チャンピオン。大学時代は教師を目指していたが、父親がシアトルでオープンしたカフェ 『Cherry Street Coffee House』のビジネスを手伝ううちにコーヒーの魅力にはまり、バリスタに。2009年からバリスタ大会に出場し、2014年4月に全米チャンピオンシップでみごと優勝。米国代表として6月に開催される世界大会に出場予定。ノースウェストの複数のカフェでの経験を経て、現在は再び『Cherry Street Coffee House』でディレクター・オブ・コーヒーとしてビジネス全般に携わっている。

【公式サイト】 Cherry Street Coffee House

コーヒーの魅力にとりつかれて

物心ついた時には、父親のアリ・ガンバーリさんが当時マネジャーとして働いていたカフェで過ごしていたというレイラさん。バリスタとしての出発点は、小学校入学直後の1994年に父が起業したカフェだった。

レイラ・ガンバーリさん

父親のアリさんと

父は19歳の時にイランから米国に移住し、ピザ屋の皿洗いから始めた人。私が物心ついた頃は、キャピトル・ヒルのブロードウェイ・マーケットにあった 『B&O Espresso』(注:バラード地域への移転後、2014年に惜しまれつつ閉店)でマネジャーをしていました。そんな父について行き、カウンターに座って絵を描いていたのが、カフェにまつわる私の最初の記憶ですね。

私が小学校に入った頃、父が『Cherry Street Coffee House』を起業して、その後は家族全員で大好きなコーヒーのビジネスに全力を傾けてきました。まさにアメリカン・ドリームを生きている父に、私もどれほど助けられたかわかりません。

小さい頃から「将来はバリスタになろう」と思っていたわけではないんです。教師になりたくて、大学では幼児教育を専攻しました。10代の頃からバリスタとして父のビジネスを手伝っていた関係で、大学を卒業してから一時的にバリスタのトレーニングを担当することになったのですが、そこでなぜかコーヒーの魅力にとりつかれてしまって。教師になる勉強をした後で、コーヒーについて教える立場になってみると、やればやるほど面白くなったんですね。「私はコーヒーを仕事にするべきなんだ」ということがはっきりして、それからはずっとこの道一筋です。

1 2 3 4 次のページ
キーワード:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「シアトルでコーヒー & カフェ」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。