TIME 誌「最も影響力のある100人」に、メリンダ・ゲイツ氏とジェフ・ベゾス氏、ボブ・ファーガソン州司法長官

2017年4月20日(木)

TIME 誌恒例の「世界で最も影響力のある100人」の2017年版が発表され、シアトル地域からビル&メリンダ・ゲイツ財団のメリンダ・ゲイツ氏と、Amazon のジェフ・ベゾス CEO、ボブ・ファーガソン州司法長官の3人が選ばれた。

リーダー部門に選出されたゲイツ氏は、女性を貧困から脱出させるツールとして避妊具の使用を促進させることへの取り組みにおいて評価された。

タイタン(巨人)部門に選出されたベゾス氏は、Amazon やワシントン・ポスト、スペース・ベンチャーの Blue Origin など画期的な事業展開が評価されている。

今年1月にトランプ大統領が発令した特定国からの移民・難民の受け入れを禁止する大統領令は憲法違反としてトランプ政権を提訴し、暫定的差し止め命令を勝ち取ったことで全国的に知名度が高まったファーガソン州司法長官は、パイオニア部門に選ばれている。

その他には、トランプ大統領や娘のイバンカ夫妻、北朝鮮の金正恩委員長らが選ばれた。

なお、日本人では小池百合子東京都知事が「世界中の女性にとっての先駆者」と評価され、リーダー部門に選ばれている。

コメント

この記事にコメントする

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「注目ニュース」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。

Fandango Now Tickets for AMC Theatres!