【フリーマン高校】ワシントン州東部ロックフォード市 フリーマン高校発砲事件 続報

2017年9月14日(木)

13日にワシントン州東部のロックフォード市にあるフリーマン高校で生徒1人が死亡、3人が負傷した発砲事件で、2年生の男子生徒が容疑者として逮捕されました。

The Spokesman-Review によると、逮捕されたケイレブ・シャープ容疑者は2丁の銃をダッフルバッグに入れて登校。同じく2年生のサム・ストラハンさんの頭部を銃で撃って殺害し、女子生徒3人にもケガを負わせた後、用務員のジョー・ボウェンさんに取り押さえられました。

ストラハンさんは数ヶ月前の父の日に不幸な事故で父親を亡くしたばかりでした。13日夜にはフェアフィールド市やスポケーン市などで被害者のために祈る集会が開かれました。

※容疑者の名前のカタカナ表記を変更しました。

キーワード:

コメント

この記事にコメントする

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「シアトルの注目ニュース & 話題」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。