サンダース氏、国外在住有権者による予備選挙でクリントン氏に圧勝

2016年3月21日(月)

米国外に在住している米国有権者による民主党予備選挙で、バーニー・サンダース上院議員がヒラリー・クリントン元国務長官に圧勝したことが、21日の民主党の発表で明らかになった。

Democrats Abroad によると、世界170カ国以上に在住している34,570人の米国民が、インターネット、郵送および直接などの方法で今月8日までに投票。得票率はサンダース氏69%、クリントン氏31%で、13名の代議員のうち、9名をサンダース氏が、4名をクリントン氏が獲得した。38カ国で直接投票が受け付けられ、投票率は2008年と比較して50%上昇したという。今月15日のミニ・スーパー・チューズデーで5州すべてに敗北したサンダース氏にとってこの勝利は大きな意味を持つが、これまでに獲得した一般代議員数はクリントン氏1,163名、サンダース氏844名と引き続きクリントン氏がリード。スーパー代議員を加えると、クリントン氏1,630名に対しサンダース氏870名とさらに大きな差がついている。

なお、日本在住の米国有権者は、1178人がサンダース氏に、176人がクリントン氏に投票しており、サンダース氏が圧倒的な支持を集めた。日本在住の投票者数1,356人は全国外投票者の3.92%を占め、英国・カナダ・ドイツ・フランス・スペイン・メキシコに次いで多い。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「シアトルの注目ニュース & 話題」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。