MENU

サンファン諸島 旅行日誌 4日目

  • URLをコピーしました!

都市の喧騒から離れ、ゆったりと時間の流れるサンファン諸島へ。今回はシアトルの北にあるアナコルテス市に車を置いて、自転車でサンファン・アイランド、オーカス・アイランド、ロペス・アイランドをめぐる3泊4日の旅に出かけてみた。

午前7時。昨日と違い、今日はかなり晴れている。カヤック日和だ。

ロペス・ビレッジまで約1マイル(約1.6キロ)を走り、ホーリー・ビーズ・ベーカリーへ。朝ごはんを食べる人たちでにぎわっている。しかし・・・写真で見てのとおり、クロワッサンなのにクロワッサンではない・・・。サンファン・アイランドのベーカリー・サンファンの方がパンらしい。

ロペス・アイランドのあちこちにこういったアートが展示されている。

ロペス・ビレッジから見たフィッシャーマン・ベイ。近いところでは海底まで見える。

サンファン諸島とロペス・アイランド、そしてロペス・ビレッジの位置を示した地図。

フィッシャーマン・ベイの海岸にはいろいろな海の生き物が現れるため「さわってはいけない」「餌をやってはいけない」などの注意書きが貼られている。

午前10時。ロペス・カヤックでカヤックをレンタル。レンタル料金がサンファン・アイランドやオーカス・アイランドで見たものよりもリーズナブルだ。シングル・カヤック1つなら、1時間15ドル、半日30ドル、1日借りても40ドル。

身長にあわせて調整もしてくれる。

午前10時半。海の上は少し寒いので、ウィンドブレーカーを着て、いざ、出発!

海の底が見える。

午後12時30分にアナコルテス市に向けて出発するワシントン州フェリーに乗るため、
カヤックを午前11時20分に終了。すべての荷物をまた自転車に乗せ、約5マイル(約8キロ)の道を走る。途中でロペス・アイランド・ファームに寄ってみたが、誰もいなかったので何も買えずに終わった。

午後12時9分、フェリー発着所に到着。ここから、アナコルテス市、サンファン・アイランドのフライデー・ハーバー、オーカス・アイランド、ショー・アイランドにも行くことができる。車の場合、行き先によって並ぶ車線が異なる。

この標識が出ているところからは、自転車から降りて押すこと。

自転車・徒歩の場合は乗り場の近くで待つようになっている。

アナコルテス市行きのフェリーに乗るのを待つ車の列。週末の終わりは早く来て待たないと、満車で乗船できないことも。

フェリーに乗る人たちでにぎわうロペス・アイランド・コーヒー・ロースターズ。コーヒーを注文したが、出てくるまでに20分かかった。

午後12時29分。コーヒーを持ってあわてて乗船。

自転車の数が多いため、フェリーの一角が自転車置き場に。

天気が良いので、船内にいる人の影はまばら。

帰宅するのがもったいないぐらいの天気!

この後、午後1時30分にアナコルテス市に到着。アナコルテス市もきれいに晴れていた。

3泊4日のサンファン諸島の旅は、初日の午前中こそ天候が不安定だったものの、それ以外は好天に恵まれ、自転車でも主な見どころをまわることができた。自転車の場合は、荷物をいたずらに増やすことができないのと、移動に時間と体力を使うことから、十分な計画と準備が必要だが今回探検した3つの島は小さいことが幸いした。今回探検して気に入ったところをまたすぐに訪れてみたい。

1日目 | 2日目 | 3日目 | 4日目

  • URLをコピーしました!

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

もくじ