MENU

Happy Father’s Day! シアトルらしい「父の日イベント」まとめ 2023年

  • URLをコピーしました!
父の日

6月の第3日曜は「父の日」。英語では Father’s Day といいます。ちょうど夏至の頃にあたるので、外で長く遊べますね。ここでは親子で楽しめるシアトル地域のイベントをご紹介します。

History.com によると、全米で最初に「父の日」を祝ったのは、ここワシントン州でした。ワシントン州スポケーンで、母親が亡くなり、父親に育てられた兄弟姉妹の一人が、「男親のために、"母の日" に相当する日を公式に制定してほしい」と呼びかけたことがきっかけで、1910年6月19日にワシントン州で初めて「父の日」が祝われたそうです。それから58年後の1972年にウィルソン大統領が「母の日」を公式に祝うことを決めたことで、「父の日」も公式のお祝いとなりました。

シアトル: マリナーズ対ホワイトソックス戦

T-Mobile Park

6月18日(日) 1:10pm

野球はアメリカの国民的スポーツの一つです。「父の日」にあたる18日は、シアトルのソードーにある T-Mobile Park で、シアトル・マリナーズとシカゴ・ホワイトソックスの対戦が午後1時10分から行われます。

先着1万名の21歳以上の父親に、特製のボトルオープナー 『”Geno Vibes” Talking Bottle Opener』 がプレゼントされます。また、この日はユース・ソフトボール・デーで、カル・ラレーのポスターが14歳以下の子どもにプレゼントされます。詳細はこちら

T-Mobile Park のあるソードーの人気スポットについては「注目エリア! シアトルの「SoDo(ソードー)」を楽しむ10のスポット」をご覧ください。

フリーモント:フリーモント・フェア

フリーモント・フェア

Fremont Fair
6月17日(土) 10am-8pm; 6月18日 11am-6pm

毎年夏至に行われるシアトルのフリーモント恒例のフェスティバル。アクティビティの中心となるのは、North 35th Street と North 34th Street の間の Fremont Avenue North の西側で、アートやクラフトを販売する屋台などが軒を並べます。

フェアと同時に行われるフリーモント・ソルスティス・パレードは、Noth 36th Street と Leary Way の交差点をスタートし、フリーモントのダウンタウンを通り、ガスワークス・パークまで続きます。モーター付きの乗り物や文字の表記などが禁止されていることから、人力&クリエイティブさが勝負のパレードで、ボディペインティングを施した全裸のサイクリストが先導する、シアトルならではのユニークさが有名です。入場無料。詳細はこちら

イサクア:カー・ショー

Fenders on Front Street
6月18日(日) 10:30am-2pm
イサクア市のフロント・ストリートで、朝食、ライブミュージック、家族向けアクティビティなどが行われ、数百台のビンテージカーやクラシックカーが展示されます。入場無料。詳細はこちら

エドモンズ・アーツ・フェスティバル

Edmonds Arts Festival
6月16日(金)~18日(日)
シアトルの北にあるエドモンズ恒例のフェスティバル。160人以上のアーティストによる作品展示販売、プロのアーティストによる審査で選ばれた、著名なアーティスト・学生・若手アーティストなどの作品展示、エドモンズ学区の児童生徒による作品展示、パフォーマンス、インターナショナルな食べ物、子供向けのアクティビティが楽しめます。詳細はこちら

タムウォーター:エア・ショー

Olympic Airshow
6月17日(土)&18日(日) 10:30am-2pm
The Olympic Flight Museum が主催するエア・ショーが、タムウォーター市にあるオリンピック地方空港で行われます。今年で23周年。午前9時に開場し、正午からエアショーが開始されます。折りたたみ椅子や双眼鏡の持ち込みも可。

2日パス $35; 1日のみ $20; 6歳以下無料。詳細はこちら

スノコルミー&ノース・ベンド:ノースウエスト・レールウェイ・ミュージアム

Father’s Day Train Rides
6月17日(土)&18日(日) 10:30am-2pm
古い列車に乗って、「父の日」のちょっとした遠足気分を味わってみませんか?スノコルミーからもノース・ベンドからも乗ることができ、スノコルミーの滝、スノコルミー・バレーの眺めが楽しめます。所要時間は2時間。

大人 $36; シニア $30; 2~12歳 $18; 2歳未満無料。その他の詳細はこちら

シアトル: シアトル航空博物館

シアトル航空博物館

米国西海岸では最大かつ最も完成度の高い航空機を所蔵していることで知られるシアトル航空博物館で、「父の日」は子どもを同伴している父親の入場料が無料になります。ボーイングが創業した土地に建設され、人間がどのように飛行機を進化させてきたか、飛行機がどのように使われてきたかを紹介しているほか、宇宙関係の展示も豊富。詳細はこちら

アウトドアが好きなら

カーキーク・パーク

シアトル市内にありながら豊かな森林と山歩きが楽しめるアーバンハイク・スポット。海のそばの公園もいいですね。

シアトルでアウトドア: 手軽に楽しめる、シアトルのアーバンハイク10選
花を知れば、さらに楽し! ワシントン州シアトル おすすめハイキング10選
忙しい人も、これならできる! アーバン・ハイク

マウント・レーニア国立公園

遠出するなら、スノコルミーの滝、マウント・レーニア国立公園、マウント・セント・へレンズなどはいかがでしょう?車の場合、シアトルから公園南側のニスカリー・エントランス(Nisqually Entrance)を通ってパラダイスまで約2時間半(99マイル)、シアトルから公園東側のサンライズまでは約3時間。天気がいい日は国立公園はすごく混雑するので、早く行くのがおすすめです。

ネイティブ・アメリカンのスノコルミー族の神聖な土地 「スノコルミー滝」
シアトルでアウトドア: ワシントン州ハイキング10選
マウント・レーニア国立公園 - アメリカで5番目に古い国立公園
シアトルでアウトドア: マウント・レーニアの超簡単トレイル 『Trail of the Shadows』
1980年の噴火は米国本土では66年ぶり マウント・セント・ヘレンズ
シアトルでアウトドア: ワシントン州の絶景、春夏に訪れたい場所10選

山や森林などでのハイキングに行く時は、必ずよく調べてからお出かけください。ワシントン・トレイル協会(WTA)の『Ten Essentials』 やアウトドアギア専門店 REI の『Day Hiking Checklist』などを読んで準備するのもおすすめです。

サイクリング

自転車にフレンドリーな街として知られるシアトルには、いろいろなトレイルやルートがあります。シアトル市内のバラード、フリーモント、ウォーリングフォード、ユニバーシティ・ディストリクト、ローレルハーストというネイバーフッド、そしてレイクフォレストパーク市、ケンモア市、ボセル市を結ぶバーク-ギルマン・トレイルなどを「サイクリングに人気!シアトル市内近郊のトレイル&ルート」でご紹介しています。

シアトルで自転車に乗るための基本」もご一読ください。

カーキーク・パーク

シアトルから南へ、フェデラル・ウェイに入ると I-5沿いに見える遊園地が 『Wild Waves Theme Park』。ローラーコースターなどの乗り物も楽しいですが、名前の通りウォーター・パークが目玉で、波のプールや流れるプールほか、ウォータースライダーも充実しています。ひねりにひねったターンの連続に絶叫必至!また、海賊船を模した大型遊具のあるラグーンは、キッズ大喜びのエリアとなっています。

動物園・水族館が好きなら

ウッドランド・パーク動物園

シアトルのダウンタウンから約5.5マイル(約8.8キロ)のフィニー・リッジという地域にあるウッドランド・パーク動物園はいかがでしょう。米国西海岸では最も古い動物園の一つで、広さ92エーカー(東京ドーム約8個分)を誇る園内では、できるだけ自然な環境の中で生活できるよう設計された展示に300種類を超える1,000匹以上の動物たちが飼育されています。

海の動物が好きなら、シアトル水族館へ。ピュージェット湾に住んでいる魚、タコ、アザラシ、ラッコなど、さまざまな海洋西部を見ることができます。入館には入館日時を指定したチケット(timed tickets)を事前購入する必要があります。観光シーズンなのでウォーターフロントは混雑しがち。

タコマ方面なら、ポイント・デファイアンス動物園・水族館へ。アジアゾウ、ホッキョクグマ、レッドウルフ、メキシコ沖の海を再現した大型の展示『Pacific Seas Aquarium』、米国北西部の海洋生物が見られる Northwest Waters、16匹のサメが泳ぐ South Pacific Aquarium など、シアトルの動物園・水族館にはない見どころが詰まっています。入園には日時を指定したチケット(timed tickets)を事前購入する必要があります。

ウッドランド・パーク動物園
シアトル水族館
ポイント・デファイアンス動物園&水族館

シアトルには、その他にもさまざまな美術館や博物館が点在しています。ここでは、米国博物館協会(American Association of Museums)に認可されているミュージアムなど、主な美術館や博物館をご紹介します。

航空博物館 Museum of Flight
飛行機マニアの聖地!航空機産業の一大集積地・シアトル
シアトル美術館 Seattle Art Museum
シアトル・アジア美術館 Seattle Asian Art Museum
オリンピック彫刻公園 Olympic Sculpture Park
チフーリ・ガーデン・アンド・ガラス Chihuly Garden and Glass
自然史文化博物館バーク・ミュージアム

掲載:2023年6月

  • URLをコピーしました!

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

もくじ