MENU

シアトルのアート・シーン

  • URLをコピーしました!

Tashiro Kaplan Building シアトル・アートの新メッカ

Tashiro Kaplan Building

Tashiro Kaplan Building

1907年に建てられた3階建てのタシロ・ハードウェアとキャプラン・ビルディングを連結させたタシロ・キャプラン・ビルディングは2004年、総工費1,650万ドルをかけた6階建てのアーティスト・ロフトとして生まれ変わった。これを実現させたのは、パイオニア・スクエアをアートの中心として保存することを望んだシアトル市、そして全米各地でアーティストが生活できる環境を作り上げてきた非営利団体アート・スペースである。

4 Culture

4 Culture

このタシロ・キャプラン・ビルディングでマネジャーを務めているクリス&テリー・ギブス夫妻は、自身も上階に住むアーティスト。この建物の歴史に詳しいクリスによると、スミス・タワーのような当時で言う高層ビルを建てるという計画が頓挫して3階建てで工事が止まってしまい、ゴールドラッシュ時代は一攫千金を狙ってやって来た人たちの服やテントの製造会社、その後は箱の製造会社キャプラン・ボックス・カンパニーの工場となったが、近年にはアーティストらが入居して住居兼スタジオにしていたという。「1990年代のドットコム・ブームの到来で地価が上昇して家賃も値上がりし、アーティストらはあやうく退去させられるところだった。そこでシアトル市がタウンホール・ミーティングを開催し、全米各地でアーティストを支援するために新しい住環境を作り上げてきた非営利団体アート・スペースと共に、この建物をアーティストのための場所、一般市民がアートを楽しめるところとして、再生することになったんだよ」

Garde Rail Gallery

Garde Rail Gallery

現在、この建物内には実に12件ものギャラリーが入居し、上階に住むアーティストの数は50人を超える。その分野は舞踊、フローラル・デザイン、音楽、写真、映画、ガラス、アパレル、宝石など実にさまざま。1階にあるオール・シティ・コーヒー&ギャラリーは、そんなアーティストらが集まって情報交換をする場となった。クリスは「メトロバスのフリー・ライド・エリアだから交通の便も良いし、住民にとっても旅行者にとっても楽しめる場所。将来的にはこの建物内でアートについての講義やコレクターのためのツアーなどを展開したいね。とてもエキサイティングだ!」と語ってくれた。

Davidson Contemporary

Davidson Contemporary

タシロ・キャプラン・ビルディングを訪れる時は、ぜひたっぷりと時間がある時にしてもらいたい。そして、何度でも行ってみよう。常に新しい発見があるはずだ。

Tashiro Kaplan Building
【住所】 115 Prefontaine Place South, Seattle (地図
【公式サイト】 tklofts.com
入居しているギャラリー一覧はこちら

(掲載:2006年2月)

1 2 3 4
  • URLをコピーしました!

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

もくじ