【マイナビ提供】2018年卒の日本国内の就職(採用)動向

3月採用広報開始/6月選考活動開始

就職活動のスケジュールの改変が2年連続でおきるなど波乱が続いていましたが、来年は本年同様のスケジュールとなる予定です。

2017年卒は、広報期間3か月間という短い期間での就職活動となったため、3月の採用情報公開と同時にあらゆるフェーズ(合同説明会、個別説明会、現場社員との懇親会、筆記試験、面接試験、書類提出等々) が同時進行し、学生・企業双方にとって非常にタイトなスケジュールとなりました。結果として学生は、業界・企業理解を深める事ができないまま選考へ突入し、「自分がなぜ、その企業を志望しているのか説明できない」「内定を獲得しても、本当に就職活動を終えて良いかわからない」などの声が挙がっていたのが実情です。

インターンシップに参加して企業の印象が変わったか

このような状況を先輩から聞いている18年卒学生は、広報解禁となる3月までに業界・企業研究を行うことの重要性をすでに感じ取っています。6月に開催されたインターンシップイベントは例年にも増して多くの学生が参加しました。日本国内のインターンシップは1週間未満のもの多く、海外留学生にとっては、インターンシップの価値があるのか?と疑問を持つかもしれません。ですが前述の通り、企業の「広報活動時期」や「選考活動時期」が原則定められている日本の新卒一括採用においては、就職活動の前に企業の生の声を聞ける機会として、貴重な企業研究、仕事体験の場といえます。

2017年卒 マイナビ学生就職モニター調査 3月の活動状況 より

このように、2017年卒では厳しいスケジュールで実施された事を反省に2018年卒では余裕をもった採用活動が企業側でも進められる可能性が高く、早期に採用・就職活動を終了されることが予想されます。そのため、3月以前からできる準備を始めておくことが非常に重要となります。

企業が海外留学生に期待すること

文部科学省が創設した『スーパーグローバル大学』事業等に代表されるとおり、現在日本は急激なグローバル化を推し進めようとしています。日本の人口が減少する中、世界でビジネスを進めていくことにより、日本の経済に好循環をもたらす事をめざしているためです。そうした国の動きに連動して、企業側もグローバル化が急速にすすめられています。そのため留学生にとっては就職活動を有利にすすめられる、またとないチャンスの年です。

企業が海外留学生に期待しているのは語学力や高い専門知識・スキルだけではありません。例えば、

  • 海外での生活を通じて身についた価値観や見識、性格特性
  • 日本に長く暮らしているだけでは気づくことのできない多角的な視点
  • 多国籍の人々との生活経験で培われた多様性やコミュニケーション力
  • また異国の暮らしで苦労を重ねる中で身についた粘り強さ

企業はそのような海外留学生の日常生活の中で培われたものに関しても、高く評価をしています。国内の採用活動でなかなか出会う事のできない「個性」に魅力を感じる企業も多く、そうしたことを複合的に身に着けている海外留学生は大いに日本の企業からは期待されています。

マイナビ国際派就職 EXPO(2016年6月18日19日開催)
出展社アンケートより

海外留学生の就職活動

「留学をしていると日本の就活スケジュールにそって動けないので不利」という声を多く聞きます。日本との時差・物理的距離があることは確かですが、前述のとおり、グローバル人材への期待は高く、学生にとって「追い風」が吹いている今、どのように就職活動をしていくべきなのでしょうか。

  1. 留学先現地で開催されるキャリアイベントに積極的に参加する
    アメリカでは、西海岸・東海岸を中心に年間十数回のキャリアイベントが開催されています。多くの場合、日本企業による採用説明会と面接会がセットになっていますので、短期間で効率的に就職活動を行うことができます。このようなイベントに出展する企業は、わざわざアメリカにまで足を延ばしているのですから、留学生を積極採用したい企業ばかりです。ぜひ積極的に参加しましょう。

  2. 長期休みは日本帰国して Face-to-Face の就職活動を行う
    日本帰国就職を希望している方は、夏休みや冬休みなどの長期休みは一時帰国して日本国内で就職活動を行いましょう。インターンシップに参加したり、説明会に出席したり、できるだけ活発に活動することをおススメします。また、日本帰国のタイミングで、リクルートスーツや日本語履歴書など就職活動に必要なアイテムをひととおり購入しておくと、アメリカに戻っても効率的に活動をすることができます。

  3. 留学生活を充実させる
    どんなに就職活動を一生懸命行っても、肝心な留学生活が充実していなければ本末転倒です。授業や課題をしっかりこなすことは勿論のこと、オンキャンパス・オフキャンパスに関わらず課外活動にも積極的に取り組みましょう。留学生活が充実すれば充実するほど、企業が求める国際性や多角的な視点が自然に身につき、結果として就職活動にもプラスに生きてくるのです。

「マイナビ国際派就職」では、アメリカの大学を訪問して就活ガイダンスを開催しています。ご興味のある大学・学生団体の皆さんは、ぜひお気軽にお問合せください。

【お問い合わせ先】
「マイナビ国際派就職」北米オフィス info@usa.mynavi.jp

掲載:2016年9月

キーワード:

コメント

この記事にコメントする

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「シアトルで学ぶ」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。

Fandango Now Tickets for AMC Theatres!