第2回 Health Care Provider(医療供給者)、Primary Care Provider(かかりつけ医) とは

youcocare
看護師 岡本 優子さん

【メール】youcocare@yahoo.com
【公式サイト】www.youcocare.com
詳細プロフィールはこちら

Health Care Provider -アメリカの医療供給者とは-

日本では一般的に、「医師でなければ医業をなしてはならない」と法律で決められており、医師以外が医療行為を行うことは禁止されています。 しかしアメリカでは、MD(Medicine Doctor)と呼ばれる医師のほかにも、医療行為を認められている職種があります。それは、医師のアシスタントであるPA(Physician Assistant)と、高度な知識と技術を持ち合わせた特定の看護師であるNP(Nurse Practitioner)です。PAとNPは、診察、診断、一定の治療や薬の処方などの医療行為ができ、NPは診療所を開設することもできます。

Health Care Provider(医療供給者)、Primary Care Provider(かかりつけ医) とは

またアメリカでは、医療機関で働く人の職種も様々です。ここではその一部を紹介します。

略称 意味
ARNP(NP) Advanced Registered Nurse Practitioner
CNA Certified Nursing Assistant
DDS Doctor of Dental Surgery
DMD Doctor of Dental Medicine
LPN Licensed Practical Nurse
MD Doctor of Medicine, Medical Doctor
ND Doctor of Naturopathy
OD Doctor of Optometry
OT Occupational Therapist
PA Physician Assistant
PharmD Doctor of Pharmacy
PT Physical Therapist or Physiotherapist
RN Registered Nurse
SW Social Worker
ST Speech Therapist

Primary Care Provider -かかりつけ医とは-

それでは、実際にアメリカで医師に診てもらいたくなったときは、どうしたらいいのでしょうか。日本では、体調が悪くて医療機関に診てもらいたいとき、耳に違和感があれば耳鼻科へ、胃が痛ければ内科へ、といったように、その時々で病院や診療所を自分で選んで行くことができます。

しかしアメリカでは、まずはかかりつけ医であるPrimary Care Provider(PCP)に診てもらうことをおすすめします。

なぜなら、保険の種類によっては、専門医にかかるのにPCPを通さなければならないシステムがあり、PCPからの紹介がない場合に保険でカバーされないことなどがあります。また、決まった PCPに診てもらうことにより、自分の健康の過程を一つの場所で管理することができますし、PCPとの信頼関係を築くことにもなります。

このように、アメリカで医療を受けるには、自分や家族のPCPを決めておくことがとても大切になります。

Health Care Provider(医療供給者)、Primary Care Provider(かかりつけ医) とは

PCP には、MD、あるいはNPを選びます。PCPは、自分が加入している保険会社の情報から探したり、友人や知人などから紹介してもらったりするのもいいでしょう。ただしその場合、そのMDやNPが、自分の加入している保険でカバーされているか確認する必要があります。

このように、アメリカでは、緊急を要する状態でない限り、PCPを通して診察や治療を受けることになります。

では、「今すぐ医師に診てもらいたい、でもPCPとすぐに予約が取れない!」という時にはどうしたらいいのでしょうか。

次回は、アメリカの救急外来についてお話したいと思います。

掲載:2014年6月

コラムを通して提供している情報は、一般的、および教育的情報であり、読者個人に対する解決策や法的アドバイスではありません。 このコラムから得られる情報に基づいて何らかの行動を起こされる場合は、必ず専門家に相談するようにしてください。

キーワード: