第4回 採用側の着眼点 ~その1~

Seattle IT Japanese Professionals

執筆者:鷹松 弘章さん

第4回・5回 筆者プロフィール:鷹松 弘章(たかまつ・ひろあき)さん
Seattle IT Japanese Professionals メンバー。埼玉県さいたま市生まれ。現 IBM、旧ロータス (Lotus Development)を経て、日本マイクロソフト入社。2001年に日本マイクロソフトから Microsoft Corporation に移籍して渡米。 Exchange Server、Windows Media、Windows Vista、Windows 7、Windows 8、Windows 10 などを手掛けるエンジニアリングとそのマネジメントを担当。1年に250程度の社員面接を行っている。 Seattle IT Japanese Professionals では、転職講座の講師や、学生イベントでの就活講師、イベントでの審査員などを担当している。

漫画:銭湯ルイス(せんとうるいす)
Seattle IT Japanese Professionals 漫画担当。原案と作画を二人で担当しているコンビ名。日本の漫才コンビ 『星セント・ルイス』 とは別人。本業は IT。スーパー銭湯好き。

前回は、エンジニアになるための準備から面接後までの具体的なステップをご紹介しました。今回は、実際に IT 企業の採用側が、どのようなところを注目して採用活動を行っているかをご紹介したいと思います。

ソフトウェア開発エンジニアになるまでのステップ

侮るなかれ「リクルーター」

ポジションへの応募や、面接の時間設定、一般的な連絡をやりとりする相手は、採用側企業のリクルーターであることが一般的です。このリクルーターをただの連絡係と侮ってはいけません。

ポジションごとの採用が普通のアメリカでの採用方法では、リクルーターは、採用担当のマネージャーと、候補者について直接やりとりをしている大切な人です。1日に何十人という候補者とコミュニケーションしている彼らが候補者に持つ印象は採用の流れの中でも「入口」にあたり、大切な部分です。例えば、リクルーターとの電話調整をするためにスケジュールを決めたとしましょう。そのスケジュールの相談のメールの返信のスピードや、内容、フォローアップの上手さなどは、リクルーターにある印象を与えます。そんな印象からくる何気ない一言で、採用側のマネジャーが面接前に候補者に持つ印象というのは、大切にしたいものです。また、リクルーターは技術的な質問を深くすることはなくとも、技術的な簡単な質問をすることがあります。その部分に関しても心の準備をしておくことが大切です。

リクルーターと金銭的な条件について話す場合の注意点ですが、現時点で自分が得ているものを、どう正直に伝えるかという悩みがあります。これは人それぞれですが、一般的にアメリカ人は、「現在得ているもの」よりも「得たいもの」をリクルーターに伝えることが多いようです。こういった金銭条件の話をすることを苦手にしている日本人も多いかもしれませんが、採用側が払うという条件と、自分が今得ているものからどのぐらい上乗せしてもらえるのか、などについては、きちんと、そしてはっきりとコミュニケーションをとることが大切です。あまり謙虚になりすぎると、後々、入社して周りを見たときに自分の条件だけが極端に謙虚だったことに気づくことも少なくありません。

電話面接での注意点

前回のエッセイにも出てきましたが、本面接の前の予備面接、または本面接自体が電話や、オンラインチャット(スカイプなど)による面接で行われることが非常に多くなってきました。その場合の注意点として、音声や画像の状態が悪く相手とのコミュニケーションがうまくいかなかった場合、その場で必ずうまくいっていないことを相手に伝え、きちんとした環境で面接を受けるように心がけてください。面接を受けている側だからと、ここでもまた謙虚に問題を伝えなかったことで、面接官の質問の内容がうまく聞こえず、自分の返答が質問の意図とかけ離れていては、面接の意味もありません。アメリカの面接文化では、「問題について話す」「意思をきちんと伝える」「わからないときには質問する」ということが、大変重要になってきます。

準備の重要性

簡単ではあるのですが、ここで面接前の準備として必要なことの例をいくつか挙げたいと思います。

まず、電話面接の場合、前述のようにオンラインでホワイトボードを使ったり、ビデオを使ったりすることが多くあります。まず、指定されたシステムに接続できるかどうか、本番で使う予定の PC やタブレットなどできちんと確認テストを行うことが肝心です。また、オンライン面接を受ける場所の選定に気を配ることも大切です。例えば、街中のカフェなど「Wi-Fi 接続があるから」などと安易に場所を決めると、当日の時間帯に周りの雑音が多く、面接官に自分の声がよく聞こえないなどの問題が発生しかねません。また、Wi-Fi を使う場合、接続が不安定になることも予想されます。確実に安定して接続できる環境を整えましょう。また、どうしても周りの音が入ってしまう、自分が聞き逃してしまうのではないか、という不安がある場合は、マイクの付いたヘッドフォンを使うことも考慮に入れてください。

そして、実際に企業へ行き面接を行う場合、前日の夜でも構わないので、実際に行ってみて場所を確認しておくことが望ましいです。また、朝の約束であるならば、渋滞のことも考慮に入れ、到着時間に充分な余裕を持つことも大切です。

面接に関しては、技術的な質問に対する準備もさることながら、それ以外の部分でつまずかないように、準備を怠らない、また、できることはすべてしておくという心掛けが必要になります。

面接中に何を評価されているのか

電話面接にしても、本面接にしても、一体、面接側は何を評価しているのでしょう。企業や業種によっても差はあるものの、米国での企業採用は、一般的に同じような分野について候補者を観察、評価しています。次の例は Microsoft Corporation でソフトウェアエンジニアを採用するときに着目する項目です。

  1. Technical Aptitude/Problem Solving (技術的な才能、問題解決能力)
  2. Passion (情熱、業界に対する意識)
  3. Customer Focus (顧客に対する意識)
  4. Communication (コミュニケーション能力)

次回は、この評価されている分野について掘り下げていきます。

掲載:2015年9月

コメント

この記事にコメントする

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「ひと」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。

Fandango Now Tickets for AMC Theatres!