第2回 Seattle IT Japanese Professionals (SIJP) の活動

Seattle IT Japanese Professionals

執筆者:SIJP 会長・今崎憲児さん & SIJP スタッフ・金子雅彦さん

第2回 筆者プロフィール:金子 雅彦(かねこ・まさひこ)さん
Seattle IT Japanese Professionals スタッフ。神奈川県川崎市生まれ。1999年にマイクロソフト株式会社から Microsoft Corp. への移籍時に渡米。プログラム・マネジャーとして Windows OS 等のアクセシビリティ、ソフトウェア自動化、入力技術等を担当。現在はマイクロソフトのデータセンターとクラウドを支える基幹技術向上に鋭意努力中。
会長・今崎憲児さんについてはこちら

漫画:銭湯ルイス(せんとうるいす)
Seattle IT Japanese Professionals 漫画担当。原案と作画を二人で担当しているコンビ名。日本の漫才コンビ 『星セント・ルイス』 とは別人。本業は IT。スーパー銭湯好き。

新クラウド時代のプロジェクトの進め方

SIJP のルーツはシリコンバレーの JTPA に刺激を受け、シアトルに住む IT 関係者の日本人仲間がネットワーキングや技術向上を目的に集まったことにあります。2013年の本格始動以来、会社の壁を越えた活動を糧に、IT 技術による社会貢献や地元学生のサポートも目指すコミュニティ・グループに成長しました。

ミッション・ステートメントに集約されたメッセージは「We are the professionals of Information Technology rooted in Seattle area who empower technology professionals and help the local community」。シアトルの IT 関係に勤めている日本人コミュニティの形成はもちろん、IT 業界に興味のある方との交流の場を設けることも目的の一部。学生さんでも、日本から来たばかりの方でも、あるいは IT 業界15年以上のベテランさんでも、IT に関連または興味さえあれば、誰でも参加できる。それが、SIJP です。

SIJP の会費は無料ですが、実費で勉強会や講演会を行ったり、季節にはお花見や餅つきなどで交流の場を提供しています。現在、SIJP のメーリングリストには400名近くの方々が登録しており、運営は約20名の有志で行っています。最近、将来的にさらに持続できる活動を目指して、米国税法上に基づいた Non-Profit Organization としての申請も開始しました。

SIJP の運営には当然、IT 技術をふんだんに活用しています。たとえば、多くの IT 企業で実際に運営されているプロジェクトのようにオンライン・ミーティングを頻繁に活用します。企業や個人の立場を越えつつ、さらに効率とスピードを保つには必須のノウハウです。10人以下のミーティングには Google Hangouts、10人以上なら Hangouts on Air、文書の共同・同時編集にはクラウド・ソリューション(Google Drive 等)において、複数の人々が同時に編集できるようにしています。この原稿もその方法で書いていて、他の方からの意見を素早く取り入れています。また、連絡には Facebook や Google+ に代表される SNS メディアが頻繁に活用されています。唯一の課題は、クラウド上にプロジェクト・マネジメントに有効な低価格のツールがないことですが、そうした SIJP のデジタルな組織運営の試行錯誤はIT以外の業種の方にも参考になるかもしれません。

現時点での SIJP の主な活動は、月1回のイベントです。講演会ではきるだけ旬の方をお招きするようにしていますが、就職・転職対策や、IT・ソフトウェア技術の勉強会も人気があります。会員の IT 技術向上に関する勉強会はもちろん、一般的なリーダーシップに関する勉強会や、子供向けのプログラミング講座、サッカーワールドカップ観戦など、シアトルでの新しい日本人コミュニティの創生に力を入れています。「ワールドカップはITに関係ない」とツッコミが入りそうですが、ハーフタイムには東京ドームとブラジルの試合会場をインターネットを使ってつなぎました。

また最近では SIJP が得意な IT を活用して社会に還元する活動の一環として、「ともしび文庫」の IT 化、シアトルの日系 NPO のオンライン・ディレクトリの作成などのお手伝いをさせていただいています。今後も SIJP メンバーのスタートアップやITプロジェクト運営経験を有効活用して、さまざまな形での技術還元・地域貢献を目指していきたいと思っています。

次回はアメリカでエンジニアとして働く方法を紹介したいと思います。

掲載:2015年3月

コメント

この記事にコメントする

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「ひと」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。

Fandango Now Tickets for AMC Theatres!