番外編 子供たちのコンピュータ教育

子供たちのコンピュータ教育
Seattle IT Japanese Professionals

執筆者:今崎 憲児さん
Seattle IT Japanese Professionals 会長。現職は Google の Android 部門のテストエンジニア。神戸市生まれ、熊本県育ち。九州大学情報工学科修士課程修了、カールトン大学コンピュータサイエンス PH.D. 卒。シアトルには2004年から在住。その間、Amazon と Google でさまざまな職種を経験。今一番興味があるのは、IT による社会貢献と元気のある若い世代を育てること。公式ブログはこちら

僕には7才と2才の娘がいます。「彼女らは将来、どんな仕事につくのだろう?」と考える時があるのですが、一つだけ確実に言えるのは、「彼女たちは、コンピュータを使って仕事をする」ということです。

今、コンピュータ部門専攻の卒業生が圧倒的に不足していることがニュースでも大々的に取り上げられていますが(参照)、エンジニアになるつもりはなくても仕事に必要とされるコンピュータに関する教育(Computer Science:CS)は、早くから始めた方がいいでしょう。そこで、今回は、CS教育を無料で受講できる方法をご紹介します。また、CS 教育にまつわるいろいろな話もお伝えしたいと思います。

コーディング

まず、コーディング(プログラミング)ですが、一番のおすすめは code.org です。これはビル・ゲイツなどの有名人や Google などの企業がサポートしている NPO で、カリキュラムはコース1-4まであり、無理なく自分のペースで学べます。小学校低学年で始められるレベルから、applab を使ってスマートフォンのアプリ開発もできてしまう上級編まであります。SIJP でも現役エンジニアが先生となってサポートすることを検討中です。その方式を使うと、先生は次のように、各生徒の進行状況を把握することができます。

SIJP のスタッフであるカスター麻理さんの娘さん(はなさんとりなさん)は、コース3まで独学で終了しました。それについてかスターさんは、こんな感想をくださっています。

「SIJP には、最新のコンピュータ情報を知っている人材が揃っています。餅は餅屋ということで、彼らのオススメのツールは一通り試してみる価値があると、個人的に思っています。今回の子供のコーディングサイトもしかり。私自身はコーディングの知識はないのですが、日頃からゲームをしている娘達に、”コーディングを勉強すれば、ゲームを作る人になれるわよ!” と説明し、毎日のタスクにしたところ、楽しみながら学んでいます」

また、毎年行われる Hour Of Code という行事も、code.org が主催しています。これはこれから日本でも行われるようです。

他のコーディングができるサイトで有名なものは、Scartch があります。code.org よりも自由度が大きく、いろいろなことができるのが特徴です。こちらのようなサイトを参考にしてチャレンジしてみてください。SIJP でも Scratch の講座を行いました

CS Unplugged

ここまでコーディングの勉強についてご説明してきましたが、CS は、コーディングだけではありません。CS の基礎を学ぶことも大事です。小学生以上の子供さんへのおすすめは、CS Unplugged というサイトです(日本語版)。Unplugged とはコンピュータの電源を切って、コンピュータのことを学ぶメソッドのことです。ゲームなどを取り入れることで、子供も楽しく、または友人と一緒にやることもできます。SIJP では、Unplugged の教材を使って勉強会を2回行いました。

5月15日(日)には、「検索アルゴリズム」をテーマに楽しい勉強会を開きます。詳しくはこちら。ふるってご参加ください!

また、SIJP では、3D プリンターを用いて、勉強会の教材の制作にとりかかっています。例えば下の教材は2進法のしくみを学ぶためのカードです。SIJP のスタッフである我孫子さんが作り始めました。完成後は、こちらを受講生に配布する予定です。

子供たちのコンピュータ教育

シリコンバレーの公立小学校

シリコンバレーの小学校では、すでにコンピュータの導入が進んでいます。例えば、この記事によると、小学校低学年から Google Classroom を使って、宿題の配布・提出・議論などをクラウドベースで行っています。シアトルでも私立小学校が同じようなシステムを導入しているようですが、今後、公立にも導入される可能性があります。

TEALS の取り組み

高校生の CS 教育の取り組みとして、TEALS という団体があります。この団体は、高校の AP(Advanced Placement:高校生が大学の授業を受けられる)に現役のエンジニアを先生として派遣したり、クラスのアドバイザーとして先生にアドバイスをしたりしています。また、CS に関わる先生たちのトレーニングも行っています。こちらは、Microsoft がメインスポンサーとなっています。

Google/Microsoft が提供する無償トレーニング・プログラム

Google が推し進めているのは、CS First というプログラムです。 前述の Scratch を使って、さまざまな楽しいアクテビティをビデオに沿って簡単に学ぶことができます。詳しくはこのビデオをご覧ください。

Microsoft も、いくつかの無償トレーニング・プログラムやイベントをグローバルに提供していることで有名です。

  1. 初心者から大人まで、初級から上級まで、さらには学生向けカテゴリもある充実したオンラインコンテンツをいつでも閲覧できる、マイクロソフトバーチャルアカデミー(MVA)
  2. 最新の技術から、実際に製品開発や、ソフトウェアなどを開発している経験者によるトークも聞ける、チャネル9(Channel 9)
  3. 子供や学生に特化したプログラム(DreamSpark – 開発ツールやクラウドを無償で使用できる)や、世界規模での参加型コンテスト大会(Imagine Cup – 実際に世の中の課題を解決するソフトウェアや、サービス、アプリなどを開発してプレゼン、デモをする)、さらには IT ベンチャー向けプログラム(BizSpark – 学生でも誰でも一定条件を満たす IT ベンチャーなら各種開発ツールや12,000ドル分のクラウドが無償で提供される)

など、無償で活用、参加できるプログラムが数多くあります。

最後に

日本の安倍首相も小学校からプログラミングを必修とすると提言しています。オバマ大統領は、コードを書いた最初の大統領となりました。ただ、本文でもお伝えした通り、CS 教育はコーディングだけではない、ということを知っておくと良いかもしれません。また、Gamification(なんでもゲームにしてしまう)という考え方が大事だと思います。子供に「楽しい」と思わせ、勉強しているということを忘れさせることができれば勝ちです。

掲載:2016年5月

この記事は、参考情報の提供のみを目的としており、法的その他の専門的助言を提供するものではありません。この記事に記載する情報に基づくいかなる行為およびその結果について、筆者および SIJP は一切責任を負いません。

コメント

この記事にコメントする

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「ひと」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。