非常時の持ち出し品・備蓄品の再確認を

2017年8月28日(月)

大型ハリケーン「ハービー」により、テキサス州などでは National Weather Service が「前例がない」というほどの大雨に見舞われています。ワシントン州でも大きな災害が起きた時のために、非常時の持ち出し品・備蓄品の準備・再確認を怠らないようにしましょう。

2-weeks-kit

これまでは食料・備蓄品などは3日分を常備することが奨励されていましたが、現在は2週間分を常備することが奨励されています。

米国赤十字FEMA(連邦緊急事態管理庁)ワシントン州非常事態管理局、また、日本語では在シアトル日本国総領事館が掲載しているリストなどを参考にしましょう。

キーワード:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「シアトルの注目ニュース & 話題」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。