スターバックス、ワシントン大学のスザロ図書館にカフェをオープン

2017年4月11日(火)

ワシントン大学とスターバックス(本社:シアトル)は11日、同大学キャンパスにあるスザロ図書館に、国際的レベルのカフェをオープンすると発表した。

UW Today が報じた。総面積4千平方フィートの店舗は、同社のデザインチームと同大学がスザロ図書館の歴史とレガシーを反映したデザインを共同で開発。今秋に開店予定で、エスプレッソ・ドリンク、軽食、スナックが販売される他、キャピトル・ヒルの Reserve Roastery で焙煎された Reserve コーヒーも提供し、在校生や教職員、一般市民が利用できるものとなる。

スターバックスが同大学キャンパスの HUB に2015年にオープンしたカフェと同じく、UW Hosting & Food Services が運営する。

同大学とスターバックスは、2012年からリーダーシップ育成プログラムや採用プログラムなどでパートナーシップを組んでいる。

コメント

この記事にコメントする

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「シアトルの注目ニュース & 話題」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。