シアトル、ユネスコ創造都市に文学分野で加盟

2017年11月12日(日)

シアトルがユネスコのユネスコ・クリエイティブシティーズネットワーク(ユネスコ創造都市ネットワーク)の文学都市に加盟認定されました。

2004年に創設されたユネスコ創造都市ネットワークは、「文学、映画、音楽、芸術などの分野において、都市間でパートナーシップを結び相互に経験・知識の共有を図り、またその国際的なネットワークを活用して国内・国際市場における文化的産物の普及を促進し、文化産業の強化による都市の活性化及び文化多様性への理解増進を図る」というもの。

Seattle City of Literature は5年にわたり加盟認定に取り組んでいました。


10月31日に新たに44カ国から44都市が加盟認定され、対象分野及び参加都市は合計で72か国180都市に。

アメリカではその他に、文学分野でアイオワ市、クラフト&フォークアート分野でパデューカ市、デザイン分野でデトロイト市、メディアアート分野でオースティン市、食文化分野でツーソン市が指定されています。

しかし、トランプ政権は先月、ユネスコが反イスラエルであるとして米国の脱退を表明。New York Times によると、トランプ政権は「脱退しても非会員のオブザーバーとして協力する」としていますが、今後、脱退の決定が変更される可能性もあります。

日本では映画分野で山形市、音楽分野で浜松市、クラフト&フォークアート分野で金沢市・篠山市、デザイン分野で神戸市・名古屋市、メディアアート分野で札幌市、食文化分野で鶴岡市の加盟が認められています。

キーワード:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「シアトルの注目ニュース & 話題」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。