ピュージェット湾のオルカの群れに赤ちゃんが誕生

2014年9月7日(日)

サリッシュ海を泳ぐオルカの群れに赤ちゃんが誕生したことを確認したと、Center for Whale Research が発表した。

絶滅の危機に瀕している Southern Resident Community のオルカの群れ L-Pod では2012年以来初の赤ちゃん。L120と記録されたこの赤ちゃんは、23歳のオルカ L86にとって二匹目の赤ちゃんとなった。しかし、同センターは、野生のオルカの赤ちゃんの死亡率は非常に高く、特に L-Pod もその傾向があることから、まだ安心はできないと発表している。Southern Resident Community のオルカの数は過去10年間で最低の78匹になっており、原因としてはオルカが好む天然のチヌーク・サーモンの減少ではないかと見ている。

KING5:Puget Sound orca pod welcomes newborn calf

コメント

この記事にコメントする

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「注目ニュース」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。

Fandango Now Tickets for AMC Theatres!