シアトル・タコマ国際空港、Presidents Day 連休旅客数予測を発表

2017年2月15日(水)

シアトル・タコマ国際空港が、今月20日の Presidents Day の祝日により、2月16日と2月17日の2日間の旅客数が2,500万人を超えるとの予測を発表した

シアトル・タコマ国際空港の予測は、2月16日(木)は13万2千人、2月17日(金)は14万人と、昨年のホリデーシーズンの旅客数に近い規模となっている。

同空港は、セキュリティのチェックポイントを改善して効率化を追及し、職員数や警察犬を増員しているが、早めに到着すること(特に、ゴルフバッグやスキーを持参する場合)、ラッシュアワーにはライトレールを利用することなどの対策を呼びかけている。

コメント

この記事にコメントする

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「シアトルの注目ニュース & 話題」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。