シアトル地域で記録的降水量 2月の観測史上最多記録まで1.27インチ

2017年2月16日(木)

National Weather Service によると、14日午後6時から16日午前6時までの36時間にシアトル地域で2.37インチ(約60ミリ)の降雨量を記録し、観測史上で6番目に雨の多い2月となった。

今年は2月に入って既に7.84インチ(約199ミリ)の降雨量を記録していることから、観測史上最高の9.11インチ(約232ミリ)に達する可能性が高まっている。

この大雨により、ワシントン州西部の広い範囲で地滑りが発生する危険性が高まっている。16日には、イサクア市を通過する I-90西行きの一部が通勤ラッシュが始まる頃に発生した地滑りで全車線通行止めとなり、再開まで長時間を要した。

キーワード:

コメント

この記事にコメントする

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「シアトルの注目ニュース」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。