ワシントン州知事、Real ID 法に準拠する法案に署名

2017年5月17日(水)

ワシントン州のインスリー知事は、Real ID 法に準拠する法案に署名しました。

Real ID 法は、2001年のニューヨーク同時多発テロを機にセキュリティ強化を目的に連邦議会が2005年に可決した法律です。

KING5 などによると、今回、インスリー知事が Real ID 法に準拠する法案に署名し、連邦政府がこれを承認する方向であることから、ワシントン州は2020年10月まで Real ID 法に準拠した運転免許証・身分証明書(enhanced driver’s license and IDs)を取得するよう、住民に促すことができます。

また、Real ID 法に準拠した運転免許証・身分証明書を取得するための料金が108ドルから78ドルに引き下げられます。

2020年10月以降も Real ID 法に準拠していない標準の運転免許証・身分証明書を選択することはできますが、その場合は Real ID 法に準拠していないと記載されるため、米国内を移動する飛行機への搭乗、国境の通過、連邦裁判所・軍事基地などへの入場などで、パスポートやグリーンカード、軍隊の身分証明書などが追加で必要となります。

ワシントン州では現時点でも Real ID 法に準拠した運転免許証・身分証明書(enhanced driver’s license and IDs)は別料金で発行されていますが、身分を証明できる米国市民でワシントン州在住であることが条件となっていますワシントン州免許局によると、申請した時点で仮の証明書を取得できますが、正式なものが郵送で手元に届くまで2-3週間かかり、身分証明書としては使用できるものの、国境通過には使用できません。

キーワード:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「シアトルの注目ニュース & 話題」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。