1977年創業のシアトルの人気レストラン、F.X. McRory’s が移転を発表

2017年5月17日(水)

1977年にパイオニア・スクエアにオープンし、シアトルのクラシックなレストランとして知られる F.X. McRory’s Steak Chop and Oyster House が、入居している建物の耐震補強工事を機に、別の場所に移転する計画であることを発表しました。

Seattle Times や Seattlepi.com などによると、同店の入居しているビル(419 Occidental Avenue South)は1906年に Stewart and Holmes Drug Company のために建設されたもので、新オーナーが地下の耐震補強工事が必要と判断しました。

1,600のブランドのウイスキーを取り揃え、ビールも品揃えが豊富なことで知られる同店は、近隣にあるセンチュリーリンク・フィールドやセーフコ・フィールドなどにスポーツ観戦に訪れる人や、ビジネスマンたちのデスティネーション・レストランとして親しまれています。現在の店舗は床面積が1万1千平方フィート、床から天井までの高さが19フィートありますが、移転先としてはその約半分の床面積のスペースになる可能性があるそうです。

コメント

この記事にコメントする

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「シアトルの注目ニュース & 話題」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。