ワシントン州のウィットマン大学、Forbes の大学ランキングにランク入り

2015年12月17日(木)

費用対効果で大学をランク付けする Forbes の全米大学ランキング「America’s Top Colleges 2015」で、ワシントン州ワラワラ市にある Whitman College(ウィットマン大学)が50位に選ばれている。

Forbes は、ウィットマン大学が選ばれた理由として、45種類の専攻を提供すると同時に、他校と協力したプログラムも提供していること、83%の生徒が平均1万9500ドルのグラントを受け取っていること、2セメスターにわたり歴史上の文化交流について学ぶコースの受講を義務付けていること、海外40カ国で90の留学プログラムを展開していること、文化交流目的でフランス語・ドイツ語・スペイン語・日本語を使う4種類の住居を提供していること、サステナビリティを考えた施設・システムを導入していることを挙げている。

なお、このランキングの1位から10位は、カリフォルニア州のポモナ・カレッジ、マサチューセッツ州のウィリアムズ・カレッジ、スタンフォード大学、プリンストン大学、イェール大学、ハーバード大学、ペンシルバニア州のスワースモア大学、ブラウン大学、マサチューセッツ州のアマースト大学(Amherst College)、MIT の順となっている。

コメント

この記事にコメントする

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「シアトルの注目ニュース & 話題」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。