【航空】エールフランス、2018年3月にシアトル~パリ線を再開

2017年10月9日(月)

エールフランスは、2018年3月にシアトル~パリ線を再開すると発表しました。

シアトル港湾局によると、シアトル・タコマ国際空港とシャルル・ド・ゴール国際空港を結ぶ直行便は、2018年3月25日に再開します。デルタ航空との共同事業の一環で運航されているデイリー便に追加される形です。

運航は最大で火・水・木・金・日の週5便。使用される機材は長距離キャビンを搭載したボーイング777-200で、ビジネス、プレミアムエコノミー、エコノミーの3クラスがあり、280席から312席となっています。

運航スケジュールは次のとおりです。

パリ発 午後1時30分 シアトル着 午後2時20分
シアトル発 午後4時30分 パリ着 午前11時10分

エールフランスは2007年6月にシアトル~パリ線を就航しましたが、2012年に中止していました。

シアトル・タコマ国際空港を発着する国際便は2015-2016年度に11%増加。2007年以降は14社の国際航空会社が就航し、国外26都市に直行便を運航しています。

コメント

この記事にコメントする

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「シアトルの注目ニュース & 話題」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。