ダウンタウン南東部をテクノロジー系企業の集積地とする開発計画が進行中

2014年8月18日(月)

ダウンタウン・シアトル中心部の南東に位置する Yesler Terrace と呼ばれるエリアを、テクノロジー系企業の集積地として開発しようという計画が進められている。

Geek WireKING 5Puget Sound Business Journal などの報道によると、シアトル住宅局は、不動産会社 Kidder Matthews と提携し、Yesler Terrace の4.41エーカー(約1.7万平米)の土地をテクノロジー系企業の集積地とする開発計画を進めている。オフィス・ビルの賃貸料金は1平方スクエアあたり35ドル前後になると予想されており、高騰しているダウンタウン・サンフランシスコに拠点を置く場合と比較して、およそ半額に抑えられる可能性があるという。シアトルにはすでに Facebook、Twitter、eBay、Google といった他都市に本社がある企業のエンジニアリング・センターが置かれているが、テクノロジー系企業にとって、才能ある人々が集まるキャンパス風の環境を安く借りられることは非常に大きな魅力になると考えられる。この計画はすでにシアトル市のお墨付きを得ているも同然のため、計画レビュー期間を含む再開発プロセスは迅速に進むと予想され、早ければ3年以内に企業の移転を受け入れられるようになる見込みとされている。なお、Geek Wire の記事には Yesler Terrace および主要なテクノロジー企業のシアトル・オフィスの場所が描かれた地図が掲載されている。

コメント

この記事にコメントする

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「注目ニュース」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。

Fandango Now Tickets for AMC Theatres!