シアトルならではのサマー・キャンプ 2017

アメリカの長い夏休みはもうすぐそこ。シアトルの最高の時期と大自然を存分に楽しみながら新しいことに挑戦できるサマーキャンプをご紹介します。早いところではもう受付をスタートしているので、申し込みはお早めに。

セーリング:ザ・センター・フォー・ウッディン・ボート

ザ・センター・フォー・ウッディン・ボート

対象8歳以上
公式サイトcwb.org

サウス・レイク・ユニオンにあるザ・センター・フォー・ウッディン・ボートが主催するサマー・キャンプ。経験豊富なインストラクターによる指導で、セーリングに必要な、統率力や観察力、判断力、チームで行動する力を身につけられます。まったくの初心者も歓迎。春から開催されているプログラムから始めてもよし、シアトルの夏ならではの楽しみにするのもよし。午前はセーリング、午後は木造ボート作りという組み合わせもできます。日曜には誰でも乗船できるセーリングを無料で開催しています。

STEM:パシフィック・サイエンス・センター

対象小・中学生
公式サイトwww.pacificsciencecenter.org

シアトル随一の科学館、パシフィック・サイエンス・センターのサマーキャンプ。自然科学、物理、化学、環境、ゲームデザインなどバラエティ豊富。ラボでの研究スキルを使った犯罪捜査体験(4-6年生)、起業(4-6年生)、サバイバルスキルを学ぶ泊りがけのキャンプ(4-6年生)、天体観測(6-8年生)、VR ハッカソン(6-8年生)、水中で動くロボット作り(6-8年生)など、高学年になるとさらに面白そう。センター内だけでなく、ショアライン、ベルビュー、カークランド、ワシントン大学ボセル校などで開催されるものもあります。2017年9月に進級する学年にもとづいてクラスが構成されているので、今年9月に小学校に入学するお子さんも参加できるものが見つかるはず。

STEM

STREAM:キッズクエスト

対象3歳~3年生
公式サイトwww.kidsquestmuseum.org

2017年2月に移転開店したベルビューのチルドレンズ・ミュージアム 『KidsQuest』 が主催するサマーキャンプ。どの年齢も体験重視で、科学、アート、工作、自然環境など、これから必要とされている STREAM にあわせた内容のキャンプが揃っています。会場となるのは、KidsQuest Children’s Museum と Bear Creek School’s Valley Campus。全日と半日があります。

自然:ウィルダネス・アウェアネス・スクール

対象4~18歳
公式サイトwildernessawareness.org

経験豊富なインストラクターと一緒に、ここ米国北西部の自然や環境に対する意識を高め、基本的なサバイバルスキルも学べるとして人気のキャンプ。都市部に近い公園やカスケード山脈の山麓など、大自然に近い場所が教室となります。4-6歳向けの半日プログラム、6-12歳向けの全日プログラム、11-18歳向けの泊りがけのプログラムがあります。

エコ:21 Acres

21 Acres

対象小中高
公式サイトwww.21acres.org

ウディンビル市にあるオーガニック農場・教育施設・フードハブ。敷地内の農場や、オープンキッチンを使った、さまざまなキャンプが楽しめます。子供たちがひと夏かけて作り上げるガーデンは見もの。詳細はこれから発表されます。

TIP: シアトル地域の育児情報を網羅した ParentMapSeattle’s Child、各地にロケーションがある YMCAシアトルの公園管理局などのコミュニティサービス、サマーキャンプのリサーチからスケジューリングに支払いまでまとめてできる 6 Crickets などでチェックしてみましょう。

掲載:2017年2月 取材・文:編集部

コメント

この記事にコメントする

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「シアトルで子育て」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。