子供がいる家庭の訪問

  • 子供の昼寝時間や授乳時間があるので、事前に都合の良い時間を確認すると良いでしょう。
  • 乳児が口からミルクを出したり、幼い子供が来客の洋服を引っ張って汚してしまう可能性もあります。汚れても良い服装(清潔であることが前提です)で訪れると、迎えるほうも気が楽になるでしょう。
  • 壊されたり汚されたりしたら困る物を身につけたり、持参したりするのは避けましょう。
  • 子供が誤って飲み込んだりしたらいけない物を、持参するのは避けましょう。
  • 保護者が与えるのを控えている菓子やおもちゃをいきなり子供に見せることは、避けるのが無難です。特に、アレルギーがあることなどは外から見ただけでは 分かりません。必ず事前に「これをお子さんにあげてもよろしいですか」と、子供に見えないところで保護者に確認すると感謝されるでしょう。
  • タバコはもちろん、濃い化粧や強い香水も避けましょう。
  • 事前に確認せずにペットを同伴するのは避けましょう。
  • 子供は鞄・財布(コイン)・鍵に興味を抱くことが多いので、所持品は身近に持つか、子供の手の届かない所に置きましょう。
  • 新生児は特に外環の異物に敏感です。子供を抱っこしたり触れる前に、手を洗いましょう。
  • 子供の世話とお客様の相手を同時にするのは大変です。長居は避けましょう。
  • 室内で靴を履く習慣のあるアメリカ人家庭でも、子供が床を這うようになると、靴を脱ぐように習慣を変えることもあります。入室する前に、靴を脱ぐべきか尋ねてみると良いでしょう。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「シアトルで子育て」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。