CPS (Child Protection Service)

ワシントン州政府機関の Department of Social and Health Services の一部であるチャイルド・プロテクション・サービス(Child Protection Services: CPS)は、18歳未満の子供に対する虐待・育児放棄に関する通報の受領・審査・調査といったサービスを24時間体制で行っています。

基本的なサービスの流れ

  1. CPS のケース・ワーカーは、通報が妥当な場合、子供の安全および保護の必要性を確認するための調査を行います。
  2. CPS は、安全性を向上し、さらなる危害から子供を守るために作成されたサービスを子供と保護者に提供します。
  3. 2の結果、CPS が90日以上にわたってこのサービスを提供し続ける必要があると判断した場合(暴力や放任の再発の 危険性が高いと判断した場合)、ケース・ワーカーは裁判所命令、または子供の家族から “Voluntary Service Agreement” (自主的サービス同 意書)を取り付ける必要があります。
  4. 3の結果、CPS は、家庭内における子供の安全を維持するための家庭内保護、査定中における一時的な家庭外保護、 家族を再生させるための取り組み援助といったサービスを提供します。
  5. 子供の安全が引き続き脅かされ、CPS がサービスを提供し続ける必要があると判断されれば、裁判所内で扶養家族を 設置し、子供福祉サービス(child welfare service)に移行する準備が開始されます。
    ※しかし、ケース・バイ・ケースなので、緊急に子供を保護する必要があると判断された場合、上記の手続きを踏まず、 警察が介入することもある。

CPS による子供の保護

CPS は、裁判所の同意がある場合のみ、子供を家庭外に保護することができます。裁判所が同意するには、虐待の証拠 や傾向(パターン)を証明する必要があります。

虐待とは

何を「虐待」(abuse)と見なすかは、ワシントン・アドミニストレーティブ・コード(Washington Administrative Code)で決められています。

  • ワシントン州の場合、ケースによって虐待専門医が診断を行うこともあります。
  • アジア人に見られる蒙古斑(Mongolian mark)やベトナム系に見られるカッピング(cupping)と呼ばれる治療法などに関する知識は既に教えられているため、虐待と誤解される可能性は低いとされています。

自宅・公共の場で子供にしてはならないこと

日本とアメリカでは習慣に大きな違いがあります。

  • 子供の身体に暴力を加える
  • 車内や自宅内に子供を残したまま、保護者が外出する。数分であっても育児放棄(neglect)と判断される。1人で車内 や自宅内に残る場合は、子供が14歳以上で年齢相応の能力があることを示す必要があります

情報提供: Yoshimi Pelczarski, MSW, ACSW (芳美・ペルザルスキーさん)
Casey Family Program シアトル・オフィス
1123 23rd Avenue, Seattle, WA 98122 (206) 322-6711
www.casey.org
芳美・ペルザルスキーさんが勤務されている非営利団体ケーシー・ファミリー・プログラム(本部: シアトル)は、子供の福祉を専門とする 団体。ユナイテッド・ポスタル・サービスの創設者ジム・ケーシー氏が1966年に設立して以来、子供・青少年・家族のためにさまざまなプロ グラムを実施しています。ソーシャル・ワーカーのペルザルスキーさんは、セラピー、フォスター・ケア、学習、進路相談などの子供たちと 家族のケアといったケース・マネジメントを担当されています。

コメント

この記事にコメントする

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「シアトルで子育て」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。

Fandango Now Tickets for AMC Theatres!