アメリカで子供の誕生日パーティをする

アメリカで子供の誕生日パーティをする

子供の成長を祝う誕生日。「大きくなったね」と感慨にふけると同時に、「今年はどうしよう?」「そろそろお友達も招待したほうがいい?」と悩みも抱えがち。今回は、アメリカで誕生日パーティを開く際の ABC を、経験談を交えながらご紹介します。
(写真上© Trophy Cupcakes & Party)

計画

アメリカで子供の誕生日パーティをする

プレイグループやプリスクールなどで家族以外の人と接し始めると、誕生日パーティに招き、招かれる機会が増えます。アメリカの誕生日パーティには多くの場合「テーマ」が存在し、小学校低学年ぐらいまで女の子はプリンセス、男の子は乗り物やヒーローなどが人気。トイザらスのウェブサイトにはテーマ別パーティのアイデアが満載です。開催時間は家庭の都合を優先しますが、乳幼児の場合は昼寝とぶつからない午前中がいいでしょう。週末に施設を借りるなら、複数の時間帯の候補を挙げてから予約するとスムーズ。計画・準備期間には個人差がありますが、Marthastewart.com には6週間前からのタイムラインが載っています。

招待

招待状には専用カードを使うほか、子供と手作りするのも一案。E メールや Evite での連絡も簡単です。園などでは、各人に割り当てられた棚や収納箱に招待状を入れて知らせることもできます。ただしクラス全員を呼ばない場合は「呼んでいない子供の前でパーティの話をしない」などと子供に言い聞かせて招待していない人に配慮しましょう。就学年齢になると、「男子全員を呼ぶように(当事者が男児の場合)」などと先生がアドバイスすることもあるようです。人数を制限したいなら、”Invitee and one parent only.”(招待者と保護者1人まで)と明記したり、昼時のパーティなら “We will be serving pizza, cake and refreshments.”(ピザとケーキと飲み物を出します)などと書いておくと、親切です。”RSVP by Nov. 1st to XXXX at [phone number] or [email].”(11/1までに へ電話かメールで出欠の連絡をお願いします)と書き返事を待ちますが、連絡をしてこない人もいます。準備に差し障りのない日までにフォローアップをしてみましょう。

ケーキあれこれ

アメリカで子供の誕生日パーティをする

テーマに沿った手作りケーキなら、クラフト店でケーキ型を探してみましょう。ぴったりのものが見つかるかもしれません。また子供の写真を印刷したアイシング(オンライン購入可。edible photo cake images などのキーワードで検索)を使えば、世界でひとつだけのケーキが完成!切り分ける手間が省けるカップケーキ派は自作の旗を飾るなどして、簡単にオリジナリティを加えられます。ウォーリングフォードの専門店 Trophy Cupcakes & Party ではカップケーキ付きの会場のレンタルもできます。

ゲーム、アトラクション

ここノースウェストの雨の多い季節は室内パーティが多いですが、遊戯施設で行わない限り、間が持たないことも。そんな時は宝探しやピニャータ割り(夏は日本風にすいか割りでも)、工作などを加えてみましょう。

筆者の息子の6歳の誕生日会は「ベイブレード」という現代版ベーゴマがテーマだったので、皆で紙皿のこまを作り、色付けやシール張りで個性を競ってもらいました。最後は全員に入賞メダルの授与。ちなみにこま回しのトーナメントでは、誕生日ボーイが優勝できず、本人は面白くなかったようです。なので、主役の気分を損ねないようなゲーム選びが必要かもしれません。準備時間がないなら、アトラクションの出張サービスを考えてみては?ビデオゲーム搭載トラックレゴ教室ピエロ&キャラクターのほか爬虫類が登場というものもあります。

プレゼント開封

アメリカで子供の誕生日パーティをする

ケーキと共に誕生日パーティのメインイベントになるプレゼント開封。子供が夢中になって包みを破いている間、親は誰が何をくれたのかメモしていきます。終了後、アメリカでは多くの人が Thank You Card を渡しますが、その文章に具体的なプレゼント内容を書くことで一人ひとりへの特別な感謝を示していきます。ただし、プレゼント開封は終了後に家族でという家庭も。会の内容や時間などを考慮しながら、決めていくといいでしょう。

パーティ・フェーバー

アメリカで子供の誕生日パーティをする

パーティ・フェーバー(party favor)とは、パーティの最後にお土産として渡すちょっとしたギフトです。小さなおもちゃやステッカー、お菓子など、中身は人それぞれですが、4)のゲームの景品をフェーバーにすることもできます。育児雑誌の 『Parenting』 によれば、ひとり当たり5ドル以下を目安にとのこと。子供が喜ぶものが決して高価なものではないことを、親である皆さんもご存知でしょう。

Thank You Card

アメリカでは手書きのカードでお礼をするのが一般的なようですが、E カード、E メールなどでやむを得ず連絡する場合にも、パーソナル感を出すために、相手からいただいた具体的なプレゼント名をお礼の文章に含めましょう。

パーティの準備は大変ですが、主役の子供の笑顔や「楽しかった!」のひと言で苦労も吹き飛んでしまうものです。ご紹介した内容を参考に、1年に一度の最高の日を素敵に演出してあげてください!

(取材・文:ハフマン・ワカバ)

キーワード:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「シアトルで子育て」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。