第8回 お誕生日会

アメリカ人の夫と息子、娘に囲まれてシアトル郊外に暮らす、平和を愛するナニワっ娘。嵐のような毎日は『フォークソング風子育て』をモットー(?)に乗り切っています。好きなものは食・音楽・映画。苦手なものは飛行機と運動。

今私は、2歳になる息子の誕生日会の計画の真っ最中です。日本では2歳のお誕生日会なんてやりますか?小学生くらいから、友だちを4、5人呼んでケーキを食べる、っていうのは記憶にありますが、2歳なんてあまり物心もしっかりついてないのに、お誕生日会なんてやって無駄じゃないのでしょうか。とは言うものの、お友だちのパーティーに最近何度か呼ばれ、すっかりハッピーバースデーの歌とケーキとろうそくがお気に入りになった息子のために、ここはひとつ張り切ってみるか、ということにしたのです。

アメリカでは、1才の誕生日を盛大に祝います。日本では地域によってオモチを背負わされたりする以外はたいていシンプルですよね。去年うちは50人以上が集まる大パーティをしました(もともとパーティー好きの家庭でもあるのですが・・・)。今年は息子のお友だちを中心に呼んでいます(それでもお母さんたちを入れると30人を超えるなあ・・・)。

アメリカの幼い子供向けの典型的なパーティーは、だいたい2時間。まず軽くランチやディナーをし(マクドナルドやピザ屋さんを借りてすることも多いですね!)、その後は年齢層に合ったゲームをしたりします。そしてハッピーバースデーの歌を歌い、ろうそくを消してからケーキ(とアイスクリームが横につくことが多い)を食べます。それから持って来てもらったプレゼントを、みんなの前で一つ一つ開けていきます。そしてみんなが帰る前にお返しを渡して、終りです。

パーティーではテーマに沿ったゲームをしたり、子供に釣りざおを持たせて仕切りの向こうの大人がおもちゃを架けて「釣りゲーム」、 目隠しをしてドンキーのしっぽを誰が一番うまく貼れるかというゲーム、また「ピニャータ」と呼ばれる、キャンディなどが詰まった紙のぬいぐるみのようなもの(うーん、うまく説明できないなあ)を木から吊し、それを順番に西瓜割りの要領でバンバン叩いて割れたら降ってくるお菓子を我先に拾う、というメキシコのゲームなどをするのがポピュラーです。

birthdayexpress.com というパーティー用品専用のオンラインストアがあって(ぜひ輸入代行ご利用ください!)、いろいろなテーマに沿 ったパーティが簡単に企画できるようになっています。私が選んだ のは 『Blue’s Clues』。息子が大好きなテレビの人気番組の青いワンちゃんです。早速紙皿やテーブルカバーなどを揃えました。しかし、あ~頭が痛い。パーティーは来週末に迫っているというのに、ゲームなんかの企画がまだ真っ白。せっかくだから「かなりアメリカっぽい」ことをしたいと思ってるのですが・・・。ただ、去年のようにお客さんが到着した時点でまだ飾りつけをしていたという事態だけは避けなければ。パーティーがどうなったか、またご報告しますね。

(2003年8月)

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「シアトルで子育て」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。