シアトル美術館 『Seeing Nature』

Seeing Nature: Landscape Masterworks from the Paul G. Allen Family Collection

2月16日(木) ― 5月23日(火)
ダウンタウン


マイクロソフトの共同創業者で慈善事業家のポール・G・アレン家のコレクションから、ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(1775-1851)、トーマス・モラン(1837-1926)、ポール・セザンヌ(1839-1906)、クロード・モネ(1840-1926)、グスタフ・クリムト(1862-1918)、ジョージア・オキーフ(1887-1986)、デイヴィッド・ホックニー(1937~)、エド・ルシェ(1937~)などによる風景画39点を一堂に展示。17世紀から21世紀にかけてヨーロッパとアメリカの風景画がどのように進化してきたかを目の当たりにできる。

この展示は、ポール・G・アレン家、シアトル美術館、ポートランド美術館が協力して実現。2015年秋にポートランド美術館で初公開された後、ワシントン DC のフィリップス・コレクション、ミネアポリス美術館、ニューオリンズ美術館を巡回し、シアトル美術館が最後の会場となる。

アプリ 『Layer』 を使って、作品の説明をスマートフォンで聴いてみよう。会場の一画にあるデジタルスタジオにあるタッチスクリーンで風景画をペイントしてみるのも面白い。

もっとアートを! シアトル美術館 今後注目の展示6選』 はこちら。

【会場】Seattle Art Museum (100 University Street, Seattle)(地図
【問い合わせ】 (206) 654-3255
【公式サイト】 www.seattleartmuseum.org
【開館時間】 10am-5pm
【駐車】 路上駐車・有料駐車場

ジャングルシティでは、各種イベントに関する個別のお問い合わせにはおこたえできません。 ご質問等は上記問い合わせ先にご連絡ください。

コメント

この記事にコメントする

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「イベント」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。