2014/12/19(金)公開映画『Annie』『Foxcatcher』『Night at the Museum: Secret of the Tomb』

シアトル市内・近郊各地, シアトル市内各地

Annie

ブロードウェイ・ミュージカルの映画化
www.annie-movie.com
アカデミー賞受賞俳優のジェイミー・フォックスが主演する、ブロードウェイ・ミュージカルの映画化。アニーを演じるのは、アカデミー賞に最年少でノミネートされたクワベンジャネ・ウォレス(『ハッシュパピー バスタブ島の少女』)。舞台はニューヨークのマンハッタン。携帯電話会社のCEOで市長候補のスタックス(ジェイミー・フォックス)は、見知らぬ少女アニーが車にはねられそうになったところを助ける。アニーが4歳の頃にレストランに置き去りにされ、今は施設で暮らしていることを知り、選挙戦に利用しようと考えたスタックス。また、自分が有名になれば両親が見つかるかもしれないと考えたアニーは協力するが、2人の間には次第に絆が生まれ・・・。日本語公式サイトはこちら

Foxcatcher

ベネット・ミラー監督最新作
sonyclassics.com/foxcatcher/
実話にもとづいた 『Capote(邦題:カポーティ)』(2005年)、『Moneyball(邦題:マネーボール)』(2011年)で知られるベネット・ミラー監督が、再び実話に基づいて制作した最新作。メロン財閥、ロックフェラー財閥と並びアメリカの三大財閥と呼ばれているデュポン財閥。化学関係の発明で財を成したこの財閥の跡取りジョン・E・デュポンが屋敷に米国レスリングチームを招いてトレーニングさせたが、指導者として招いたマーク・シュルツとデイブ・シュルツの兄弟との確執が悲劇を生む。ジョン・E・デュポンを演じたのはコメディ俳優として知られるスティーブ・カレル。マーク・シュルツを演じたチャニング・テイタムとデイブ・シュルツを演じたマーク・ラファロとともに、今作での演技は高く評価されている。ミラー監督は故ジョン・E・デュポンやデイブ・シュルツ、デュポン財閥とのインタビューで多大な情報を得たとインタビューで述べている。

Night at the Museum: Secret of the Tomb

夜の博物館で展示物が動き出すコメディのシリーズ第3弾
www.nightatthemuseummovie.com
夜の博物館で展示物が動き出すコメディのシリーズ第3弾。博物館にかけられた魔法が解けそうになっていることを知ったラリー(ベン・スティラー)。なんとかそれを防ごうと、再び博物館で大暴れ。セオドア・ルーズベルト大統領を故ロビン・ウィリアムズが演じている。

公開日・公開映画館など、記載された情報は予告なく変更される場合がありますので、最新情報は映画館などにお問い合わせください。

コメント

この記事にコメントする

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。