2015/7/3(金)公開映画 『Eden』『Aloft』

シアトル市内・近郊各地, シアトル市内各地

Aloft

20年前に自分を捨てた母親を探す旅
sonyclassics.com/aloft/
『The Milk of Sorrow(邦題:悲しみのミルク)』でベルリン国際映画祭の最優秀作品に贈られる金熊賞を受賞したペルー出身のクラウディア・リョサ監督の最新作。鷹使いのアイヴァン(マーフィー)は、病身のドキュメンタリー映画作家(ロラン)とともに、20年前に自分と自分の弟を捨てた母親ナナ(ジェニファー・コネリー)を探す旅に出る。主演はジェニファー・コネリー、アイルランド出身の俳優キリアン・マーフィー、フランス出身のメラニー・ロラン。キャリア初の英語の作品で、モンタナ州とカナダで撮影された。

Eden

人気 DJ からドラッグと借金に依存し転落人生へ
broadgreen.com/films/eden
舞台はエレクトロ・ミュージックの人気が急速に高まっていた1990年代のフランス・パリ。DJ として働き始めたポールは、親友と組んだデュオ 『Cheers』 で人気者となって成功を収めるが、次第にドラッグに溺れ、借金に依存して転落していく様子を描く。監督は 『The Father of My Children(邦題:あの夏の子供たち)』 でカンヌ国際映画祭のある視点部門で審査員特別賞を受賞したフランス映画界の新人、ミア・ハンセン=ラヴ。主人公のポールは、1990年代に DJ として新境地を切り開いた実兄スヴェン・ハンセン=ラヴの人生がベースになっている。

公開日・公開映画館など、記載された情報は予告なく変更される場合がありますので、最新情報は映画館などにお問い合わせください。

コメント

この記事にコメントする

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。