4/1(金)公開映画 『God’s Not Dead 2』『I Saw the Light』『Remember』

シアトル市内・近郊各地

God’s Not Dead 2

キリスト教をテーマにした大ヒット作の続編
godsnotdeadthemovie.com
昨年大ヒットした 『God’s Not Dead(邦題:神は死んだのか)』 の続編。舞台は米南部アーカンソー州の架空の街ホープ・ストリングス。高校教師グレース・ウェスリー(メリッサ・ジョーン・ハート)は、授業で生徒から投げかけられたイエス・キリストについての質問に答えるが、激しい批判を受け、裁判にまで発展する。グレースは夢だった教師という職を失うことになるのか。

I Saw the Light

カントリー・ミュージックの殿堂入りを果たしたハンク・ウィリアムズの伝記映画
sonyclassics.com/isawthelight/
第2次世界大戦後のアラバマ州でデビューし、25歳になる前にカントリー歌手としてスーパースターの地位を築いたハンク・ウィリアムズの伝記映画。デビュー当初、ハンク(トム・ヒドルストン)と妻オードリー(エリザベス・オルセン)はデュエットしていたが、歌唱力で劣るオードリーの出番が減っていくにつれ、夫婦仲は不安定になっていく。そういった私生活を通じてわきおこるあらゆる感情をも歌にする才能に恵まれたハンクは熱烈なファン層を獲得するが、酒におぼれるようになり・・・。

Remember

アウシュビッツで家族を殺された老人の復讐劇
a24films.com/films/remember/
認知症をわずらい、老人ホームで暮らしている90歳のゼヴ(クリストファー・プラマー)のところに、親しい友人のマックス(マーティン・ランドー)から小包が届く。中には札束と恐ろしい計画が書かれた紙が入っていた。2人は第二次世界大戦中にアウシュビッツに収容され、サディスティックな看守に家族を殺されたが、その看守は戦後すぐにドイツを脱出し、偽名を使ってアメリカに住んでいるという。ゼヴは自分たちの運命を狂わせた男に正義の鉄槌を下すため、アメリカ大陸を横断することを決心する。監督は 『Ararat』 でアカデミー賞ノミネートされたカナダの鬼才アトム・エゴヤン。

公開日・公開映画館など、記載された情報は予告なく変更される場合がありますので、最新情報は映画館などにお問い合わせください。

キーワード:

コメント

この記事にコメントする

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。